« 1日遅れの投稿 | トップページ | 今日はプールへ »

2006年3月13日 (月)

全青司富山全国大会

11日(土)は、富山県で全青司の全国大会がありました。

大会のテーマは「使命 感じる 果たす」ということでプロボノ活動について取り上げていました。

私は、多治見市のYさんと車で現地に向いましたが、ホテルのチェックインの関係などで遅刻してしまい、パネルディスカッションからの参加となりました。

パネルディスカッションでは、プロボノの定義付けや専門家のプロボノ活動とは何かなどについて話がなされました。

私は、専門家による無報酬で行う公益活動のことをプロボノ活動と理解していますが、無報酬で行うからには何らかのインセンティブが必要であると思います。プロボノ活動の推奨をするためには、そこに楽しさややりがいがあることを広く伝えることが大切であると考えます。

私も含めて多くの人は「プロボノ活動って何をやればいいの?」と考えてしまいますが、大会に参加して「別に深く考える必要はない。自分が社会に対して貢献できる何かを楽しくやれれば、自然とそれがプロボノ活動に繋がるのではないか」と思うようになりました。

060311_15290001

大会宣言

「私達は、法律家として自らの責任・市民からの期待を自覚し、これまで以上の質・量をもってプロボノ活動を推進することにより、公益的活動の担い手としての役割を果たし、全ての人の幸福追求のために尽力することを。」

大会後は、懇親会・二次会と行きましたが、少々飲みすぎてしまいました。

また、翌日は定時総会が開催され、全青司災害対策規則が可決され来年度の新役員が決まりました。

060312_12240001 

|

« 1日遅れの投稿 | トップページ | 今日はプールへ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166228/9067651

この記事へのトラックバック一覧です: 全青司富山全国大会:

« 1日遅れの投稿 | トップページ | 今日はプールへ »