« ガス欠 | トップページ | 5月13日に向けて »

2006年4月17日 (月)

大阪で会議

14日と15日は大阪で全青司の代表者会議があり、全青司の事業計画及び活動の報告と憲法改正についてのグループディスカッションが行われました。

ディスカッションですが、私は法学部ではないので、これまで憲法についてはほとんど勉強したことがありません。今回のディスカッションで初めて憲法改正について、ちょっとだけ勉強させてもらいまいた。

自民党新憲法草案では『公共の福祉』という文言を『公益及び公の秩序』という文言に置き換えています。最初に草案を読んだ時には「なにが変わっているのか、言葉を置き換えた理由はなんなのか?」という印象を受けました。しかし、会議で『公共の福祉』に関して「人権を制限できるのは他の人権だけである」という学説があり、これが『公益及び公の秩序』に置き換えられることによって「個人を超えた全体の利益のためにも人権を制限できる」と変更される可能性があるということを知りました。

憲法については、まったく勉強不足ですが、今回の会議で興味をもったので少しずつ勉強していこうと思いました。

さて、せっかく大阪に行ったので、お好み焼きを食べようと思ってお店を探したのですが、会場の近くではなかなかみつからず、15分くらい歩いて心斎橋のお好み焼き屋で食べました。関西弁が飛び交うなか、一緒に行った川瀬さんとビールを飲みながらお好み焼きを食べました。さすが本場のお好み焼きはおいしかったです。

060416_14120001_1 

|

« ガス欠 | トップページ | 5月13日に向けて »

コメント

二日間、みっちりということで御疲れだったでしょう。
ご苦労様でした。
でも、こういうのにどんどん慣れていかないとね(笑)
今後とも是非よろしくお願いします。
セッションもいつか実現させましょう。
コリンズもいいですが、アルバート・キングも大好きな相談役2号でした。

投稿: 小澤吉徳 | 2006年4月17日 (月) 14時55分

初めての代表者会議で圧倒されました。
今日も大量のメールが届いて読むのが精一杯です。

セッション、楽しみにしています。それまでに腕を磨いておかなければ。
アルバート・キングは「ボーン・アンダー・ア・バッド・サイン」に挑戦したことがありますが、あのなんとも言えない重~いヴォーカルは真似できません。

投稿: 小司隆信 | 2006年4月17日 (月) 20時18分

ようこそ、全青司へ(笑)会長になりますと、数時間チェックしないだけでとんでもないことになります(笑)

アルバート氏は、スティービー・レイが最も敬愛していたギタリストの一人でもありますよね。二人のセッションのCDはお聴きになりましたか?最高です。
ヴォーカルは、スモーキー・ヴォイスと呼ばれていますね、たしか。

投稿: 小澤吉徳 | 2006年4月18日 (火) 19時07分

アルバート・キングとスティーヴィー・レイ・ヴォーンのセッションCDとは、有名なやつですね。たしかTVでやったものだったかと思いますが、映像で見てみたいです。
私は、まだCDもチェックしていないので、今度聞いてみようと思います。

投稿: 小司隆信 | 2006年4月19日 (水) 00時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166228/9633051

この記事へのトラックバック一覧です: 大阪で会議:

« ガス欠 | トップページ | 5月13日に向けて »