« ピタゴラスイッチ | トップページ | 高齢消費者見守りネットワーク »

2006年4月24日 (月)

黄砂再び

岐阜県では、今月8日に黄砂が吹き荒れて、車が真っ白になりました。

我が家の車は、黒で見るも無残な姿になったことを覚えています。

そして、今日のニュースによると「26日にかけて西日本を中心に黄砂が飛来する」とのこと。また真っ白になってしまうのかと思うと憂鬱な気分になります。

黄砂とは、東アジアの砂漠域から強風により大気中に舞い上がった多量の砂塵が上空の風に運ばれて日本で降下する現象のことで、濃度が濃い場合は、天空が黄褐色となることがあるそうです。

確かに今月8日は、視界が悪く霧がかかっているようでした。

そして、国内に発生域を抱える中国やモンゴルでは、降塵現象としての黄砂現象より、むしろ黄砂現象の原因となる砂塵嵐(ダストストーム)による自然災害が深刻だそうです。発生域の砂漠では、ダストストームの発生は毎年地域社会に甚大な被害を与えていて、例えば、中国北西部で発生した1993年5月5日のダストストームの場合、83名の死者と12万頭の家畜被害が報告されているとのこと。また、発生域に近い韓国では、黄砂現象の発生により大気中の粒子状物質であるPM10(大気中に浮遊する粒子状物質の内、直径が10μm以下の粒子状物質の総量を示す。単位はμg/m3)や、TSP(Total Suspended Particulate Mattersの略。大気中に浮遊する粒子状物質の総量を示す。単位はμg/m3)がしばしば環境基準値を大幅に超え、ソウル市では黄砂現象発生時に外出禁止令が出されるなど、黄砂現象は深刻な大気環境問題として認識されているとのことです。

たかが砂とはいえ、結構恐いことが分かりました。

(参考:気象庁ホームページ「異常気象レポート2005」)

|

« ピタゴラスイッチ | トップページ | 高齢消費者見守りネットワーク »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166228/9742828

この記事へのトラックバック一覧です: 黄砂再び:

« ピタゴラスイッチ | トップページ | 高齢消費者見守りネットワーク »