« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月28日 (日)

岐阜県司法書士会総会

昨日は、長良川国際会議場で平成18年度岐阜県司法書士会定時総会がありました。

会長挨拶の中で、司法書士の根幹をなすものとして相談業務をあげていましたが、全く同感です。まず、市民の声に耳を傾けることが重要であり、その市民の声に応えるよう研鑽を積むことが司法書士に求められていることだと思います。

また、総会では、私が提案者となって「利息制限法の制限利率の引下げに関する件」という議案を提案しました。

提案の理由は、以下のとおりです。

金融庁の懇談会で利息制限法と出資法の金利規制に関する議論がなされているが、貸金業界から「出資法の上限金利の引下げは慎重に考えるべき」との意見や「この際、利息制限法の上限金利を出資法の上限金利まで引き上げる方向で検討することが適当である」との意見が示されている。しかし、そもそも利息制限法は、経済的弱者の地位にある債務者の保護を主たる目的として金銭を目的とする消費貸借上の利息の最高限を定めたものであり、その制定趣旨が庶民金融利用者の保護であることに鑑みると、利息制限法の制限利率は、社会実態や市場金利と見合うものであるべきであり、現行の利息制限法に定める上限利率(元本が10万円未満の場合は年20パーセント、10万円以上100万円未満の場合は年18パーセント、100万円以上の場合は年15パーセント)は、市場金利と全くかけ離れたものである。利息制限法の上限利率が社会実態や市場金利と乖離しているときには、現状のように多くの多重債務者が出現し、これが深刻な社会不安を引き起こす要因となっている。現在の我が国の金融情勢を鑑みれば、利息制限法の制限利息を直ちに大幅に引き下げる必要がある。速やかに、利息制限法の制限利率を引き下げ、健全な金利政策が実現されるよう求めるものである。

以上の内容で議場に諮りました。

提案の内容に関して反対者はいなかったようですが、強制加入団体である司法書士会が利息制限法の制限利率引下げについてどのように関わることができるかという問題について議場で意見交換がなされました。

最終的には「岐阜県司法書士会は、利息制限法の制限利率の撤廃又は引き上げに強く反対し、制限利率を市場金利に見合った利率まで引き下げるべしとの宣言を採択する。」との決議がなされました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年5月25日 (木)

中央研修所研修制度研究部会

本日は、午後から東京の司法書士会館で中央研修所の部会がありました。

午後からと言っても、私の家からは東京まで3時間以上かかるため1日仕事です。

さて、会議の内容は「今後の新人研修と特別研修のあり方について」「履修証発行と会員研修規則の検討」「研修の受講料について」などでした。

「新人研修と特別研修のあり方について」は、非常に難しい問題であり、とても1日で結論が出るような内容ではありません。個人的には、特別研修はすべての既会員が受講できるよう、その機会と受講環境を整えることが必要であると考えます。また、新人に関しては、中央新人研修・ブロック新人研修・配属研修、特別研修を一つの研修と捉え、そのすべての研修を受講することが登録要件になるのが望ましいと考えています。しかし、そのためには受講生の生活保障の問題や会員以外の者を研修規則で拘束できないという問題などが山積みとなっています。

いずれにしても司法書士制度の発展に向けて今後も考えていきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月21日 (日)

支部研修

20日は、地元瑞浪市で東濃支部の研修がありました。例年は、司法書士会の総会が終わった後の6月に支部の研修が開催されるのですが、今年は新会社法の研修を早めに行う必要性があるとのことで総会の前に支部研修が開催されました。

講師は、先週に引き続き岐阜青年司法書士会の会社法研究委員会です。理解を深めるため先週の研修と同じ内容でも構わないと思っていたのですが、講師の方々が講義内容を多少変更してくれたため、先週に引き続き受講した会員も大満足だったのではないかと思います。特に、既存株式会社の縮小的変更に関しては、研修会の前日に日司連の新会社法対応実務マニュアルが変更されたことをいち早くキャッチして、それを踏まえた内容になっていました。そのため東濃支部は全国でも最先端の会社法の研修を受講できたことになるでしょう。講師の皆様と研修を企画していただいた皆様、本当にありがとうございました。

研修の後は、いつものように懇親会でした。先週に引き続き土岐市のNさんと味の深いお酒を飲むことができました。来週は、岐阜市で岐阜県司法書士会の総会ですが、もしかして3週続けて土岐市のNさんと・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年5月19日 (金)

金融商品取引法案

去る5月12日に衆議院財務金融委員会で「証券取引法等の一部を改正する法律(金融商品取引法)案」が可決されました。

私が知る限り司法書士は証券取引法等にはなじみが薄く投資信託・金融先物・商品先物・海外商品先物・海外商品先物オプション・融資型保険などの問題に精通している人はほとんどいないと思われます。私もこれらの問題は何も知らないと言っていいほど知識がありませんので、これから勉強していかなければならない思っています。

今般、議論されている金融商品取引法案は、株式や投資信託や金融先物など、現在は別々の法律になっている金融商品の規制を一つの法律に集約し、横断的・包括的な規制を目指しているとのことです。しかし、商品先物取引や海外商品先物取引分野は法案の適用対象外としているそうです。

つまり、今回の法案で重要とされている「適合性の原則」と電話・訪問による「不招請勧誘」の禁止の適用範囲が、投資性の高い金融商品だけに限定されていて、「不招請勧誘」の禁止は「政令で定める」となっており、原則禁止とはなっていないそうです。そして、「政令で定める」について、これから指定するとされているのは取引所を通さない店頭での外国為替証拠金取引だけとのことです。

この禁止の仕方は、特定商取引法等の指定商品・指定役務と似ていて、被害があってからの後追いの規制になるのではないかと思います。また、一般的にこれまで被害が多いと耳にするのは商品先物取引ですが、これは法案の適用除外となっていることに疑問を感じます。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年5月17日 (水)

ゆうがたクインテット

ピタゴラスイッチに引き続き子供番組の紹介です。

夕方にやっている子供向けの音楽番組でクインテットというのがあります。朝も「クインテット プチ」をやっています。番組名は夕方にやっているということと「You've got a Quintet」をかけているらしい。

クインテットのメンバーは、の宮川彬良(アキラ)とスコア(声:斎藤晴彦)、アリア(声:茂森あゆみ)、フラット(声:玄田哲章)、シャープ(声:大澄賢也)の五人で、宮川彬良以外は人形です。

よく知られているクラシックの曲を面白いアレンジで聴かせてくれるのですが、アレンジよりもすごいと思うのが人形の動きです。人形を操っている人はおそらく楽器をやっている人なのではないかと思うのですが、まったく違和感を感じさせず本当に人形が楽器を演奏しているように見えます。

朝の7時55分から5分間やっていますので、ピタゴラスイッチと合わせて要チェックです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月14日 (日)

会社法研修会

5月13日は、岐阜市で岐阜青年司法書士会主催の会社法研修会がありました。
講師は、青年会の中に設置した会社法研究委員会の委員約10名です。委員は、昨年6月から毎月1回程度集まって会社法の研究を進めてきました。研修資料は約70ページにもおよび、その中身も整備法の解説から始まり、定款モデル、会社形態の選択によるメリットデメリットの一覧表、会社設立時の定款記載事項の解説、会社設立チェックシートやチェックリストなど司法書士の視点から気になる論点に触れられていて痒い所に手が届く内容になっていました。

060513_16040001_1受講申込者は約120名で、会場も満員になり、主催者としては大変うれしく思います。これがきっかけとなって、青年会に入会してくれる人が増えることを望んでいます。
講師は、それぞれの担当箇所を与えられた時間の中で個性を発揮し、頼もしく講義をされていました。みなさん話足りないようで、2日間に分けて行うなど工夫すれば良かったと思いました。
研修終了後は、講師の皆さんと打ち上げに行きました。打ち上げの席では、岐阜市のNさんと土岐市のNさんと笠松町のTさんに囲まれてとても深い味のお酒を飲むことができました。

次の大きな事業は7月1日と2日に開催される全青司中部ブロック研修会です。これも実行委員が一丸となって準備を進めていますので必ず成功すると確信しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 9日 (火)

なるほど!

最近「なるほど」と感心したことがあります。

デパートに車で買い物に行くと「3000円以上買い物をすれば駐車料金2時間無料」とかってよくありますよね。

でも、お目当ての物がなかったときは、駐車料金だけ払わなければならなくてもったいない気分になりませんか。

そんなときは、そのデパートの商品券を買うといいそうです。3000円分の商品券を買うと駐車料金が無料になるそうです。

そして、次回そのデパートに車でいったときにその商品券を使って買い物をすると再度駐車料金が無料になるそうです。

なんだか1度の買い物で2回駐車料金が無料になったみたいで得した気分になりませんか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 1日 (月)

港出張所(麻布十番)

今日は、東京の港出張所に登記完了書類の受領に行きました。
朝の8時30分に法務局に行けるよう、日曜日の夜は横浜の実家に泊まりました。
横浜から港出張所まで1時間以上かかるため朝は7時15分に出発です。
久しぶりの東京の通勤電車だったので少々気合いを入れて乗り込んだのですが、思っていたほど混雑していませんでした。おそらく大型連休なので今日と明日も休みを取っている人がいるのでしょう。うらやましいです。
私も明後日から5連休ですので、長崎に家族旅行の予定です。長崎には行ったことがないので、行きの電車と飛行機で長崎のガイドブックを読んでみます。やっぱりチャンポンとカステラが美味しいのでしょうか。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »