« 武蔵小杉 | トップページ | 裁判実務研修 »

2006年7月14日 (金)

高金利引下げ運動

今年度、岐阜青年司法書士会では、出資法の高金利引下げに関する請願活動を行ってきましたが、昨日の岐阜県議会において意見書が採択されました。

これで、6月の定例議会において18市町議会と県議会の合計19の議会で意見書が採択されたことになります。短期間であったことを考えると大きな成果であると思います。

このような活動は、決して一人では出来ず、今回も多くの方からアドバイスをいただき、多くの会員に協力していただきました。この場を借りてお礼を申し上げます。ありがとうございました。

さて、高金利引下げに関しては意見書の採択が目的ではなく、多重債務被害救済のために適切な法改正がなされることが目的です。政府では、「出資法の上限金利を利息制限法の金利水準に引き下げるべき」との意見が多いものの、根強い反対意見もあり、少額短期の特例が設けられる可能性が残っていたりもしますので、まだまだ予断を許さない状況であります。今後も様々な形で高金利引下げを訴えていかなければならないと考えています。

|

« 武蔵小杉 | トップページ | 裁判実務研修 »

コメント

法律扶助担当者会議で新潟です。お疲れ様でした。私の地元も無事採択されほっとしています。お互い頑張っていきましょう!

投稿: 小澤吉徳 | 2006年7月14日 (金) 16時13分

新潟ですか、お疲れ様です。全国で次々と採択されているようですね。「岐阜だけ乗り遅れた」とならなくて良かったです(笑)。

投稿: 小司隆信 | 2006年7月14日 (金) 17時30分

それぞれの地元でご協力いただいた方々、小司さん、本当にお疲れ様でした。この意見書が本当の国民の声として、国会議員の方々が、しっかり受け止めてくださるよう、これからも活動を続けていきましょうね。

投稿: みやど | 2006年7月14日 (金) 22時06分

今回の請願活動は、ミヤドさんにご協力いただいたことが数多くありました。岐阜の青年会としては初めての取り組みだったと思いますが、おかげさまで多くの議会で採択されました。ありがとうございました。今後もよろしくお願いします。

投稿: 小司隆信 | 2006年7月16日 (日) 23時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166228/10930116

この記事へのトラックバック一覧です: 高金利引下げ運動:

« 武蔵小杉 | トップページ | 裁判実務研修 »