« 年次制研修に出席 | トップページ | 専門分野修得研修プログラム »

2006年10月13日 (金)

青年会役員会

11日は、夜7時から岐阜青年司法書士会の役員会がありました。

主な議題は「労働問題110番(電話相談)の件」「児童養護施設訪問の件」「合格者向け研修の件」でした。

労働問題110番については、役員で電話相談に対応できるようQ&Aを作成しており、会議では第1稿を出し合って内容を検討しました。相談フローチャートや電話応対マニュアルや訴状の雛形などを合わせると全部で80頁ほどの冊子になりそうです。電話相談を10月28日に開催するので、その後、電話相談の報告も含めて一つの冊子に仕上げようと考えています。

児童養護施設訪問については、外部から見えにくい児童養護施設の現状を把握し、そこで暮らす子ども達の声を直接聞き、これから社会に出て行く若者に対して法教育をするというものです。中学生が多いということですので、講義形式や寸劇では集中力が持たないかも知れないと考え、今回は悪質商法対策ゲームというボードゲームを使用してみることになりました。訪問する日は11月17日の予定なので、その前にもう一度集まって内容を詰める必要があります。

合格者研修については、12月に実施予定です。これば既に講師チームが結成され順調に進んでいるので、会議では日程の決定と懇親会の場所を検討しました。

さて、会議の帰り道はいつものように車の中で音楽を聴いて帰りました。久しぶりにU2を聴きましたが、あらためてアレンジの素晴らしさに驚きました。例えば、有名な「With Or Without You」ですが、ドラム、ベース、ギターのどの楽器も難解なフレーズを奏でているわけではなく、単純なフレーズです。一つの楽器だけが鳴っているのであれば、それほどの感動はないのですが、これが一つになると壮大な曲に仕上がるのです。素晴らしいです。

ちなみに私が好きな曲は「Sunday Bloody Sunday」です。イントロのドラムと中間部のギターカッティングがかっこいいです。

|

« 年次制研修に出席 | トップページ | 専門分野修得研修プログラム »

コメント

ご無沙汰?これまた私にコメントつけろ!というような記事ですね(笑)。労働問題と児童養護施設の件はがんばって下さい。いつでも全青司はフォロー可能なはずです。
さてU2、まさにご指摘のとおりですね。なお、その名曲ですが、映画のバージョンが最高です。原曲に少し加えた部分があるのですが、これが鳥肌ものです。ギターという観点からもU2は最高ですよね。最新のアルバムも。

投稿: 小澤吉徳 | 2006年10月14日 (土) 11時31分

映画バージョンって、「With Or Without You」の最後の部分に加えた部分のことですか?
実は、私のバンドであのバージョンをカバーしました。といっても、コード進行は同じままでボーカルのメロディが変わるだけですが。
最初に聴いたときは確かに鳥肌が立ちました。

投稿: 小司隆信 | 2006年10月15日 (日) 11時49分

代表者会議ではお会いできずに残念。横浜&東京でした。そうです。そのバージョンです。バンドでやってたんですか・・・恐れ入りました。

投稿: 小澤吉徳 | 2006年10月16日 (月) 14時44分

次の代表者会議は福岡でしたっけ?楽しみにしています。

投稿: 小司隆信 | 2006年10月16日 (月) 22時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166228/12271945

この記事へのトラックバック一覧です: 青年会役員会:

« 年次制研修に出席 | トップページ | 専門分野修得研修プログラム »