« 岐阜県司法書士会研修 | トップページ | 児童養護施設 »

2006年11月15日 (水)

合格者ガイダンス

今日は岐阜県の司法書士試験合格者の合格証書授与式がありました。

授与式は法務局に行われますが、その後、司法書士会館に場所を移して今後の研修会などのガイダンスがありました。私は青年会会長として、青年会が主催する「合格者対象実務研修会」の案内をしてきました。

やはり難関試験を突破した後の合格証書授与式ですので、合格者の皆様は希望にあふれているように見えました。期待と不安も入り混じった表情を見ていると「司法書士の世界にようこそ!」と言いたくなってしまいます。

今年の合格者と出会った第一印象ですが「若い!」ということです(去年も同様のことを感じましたけど)。高校野球の球児をお兄さんだと思っていたら、いつの間にか自分より年下になっていたというような気分でしょうか。

さて、青年会主催の合格者対象研修ですが、ガイダンスに出席してPRした甲斐があり、合格者は全員出席の予定です。

後は、研修会当日に向けて万全の準備を整えるだけです。

|

« 岐阜県司法書士会研修 | トップページ | 児童養護施設 »

コメント

やはり、我々は、そろそろ若手と呼ばれない領域へと入り込んでいるようですなぁ…。
出席者の中に、「多重債務者の救済にも積極的に取り組みたい」というような発言をされた方、「学生時代に大学の先輩で司法書士の方と会い、司法書士を目指したいと思った」と発言された方がいましたね。僕は、衝撃を受けましたよ。
「自分は、司法書士としてかく生きる」みたいな姿勢が感じられて、頼もしい限りでしたね。

投稿: みやど | 2006年11月16日 (木) 09時30分

私が合格した頃は「司法書士=登記業務」という印象でしたので、新人研修で「消費者問題」とか「訴状の起案」が出てきて面食らったのを覚えていますが、今の合格者にとっては当たり前のことなんでしょうね。

投稿: 小司隆信 | 2006年11月16日 (木) 09時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166228/12701864

この記事へのトラックバック一覧です: 合格者ガイダンス:

« 岐阜県司法書士会研修 | トップページ | 児童養護施設 »