« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月28日 (日)

児童養護施設

26日は、高山市の児童養護施設「夕陽ヶ丘」に法律教室のため訪問しました。

全青司の事業を岐阜青年司法書士会で行ったものでして、青年会から5名の会員が参加しました。

1月の高山ということで雪が心配でしたが、今年は暖冬で雪はほとんどありませんでした。

法律教室は19時からで、11月に郡上市で行った法律教室と同様に悪質商法対策ゲームを使用しました。今回もゲームは非常に盛り上がり、子どもたちとも色々と話ができて良かったと思います。質問コーナーでは、子どもたちから積極的に質問が出され嬉しかったです。

法律教室が終わって帰るころには雪が降りはじめていました。

その後、雪の降る高山市内で美味しい飛騨牛を食べました。口の中でとろける飛騨牛のお造りの味は最高でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年1月24日 (水)

法律扶助の日

本日1月24日は「法律扶助の日」です。法律扶助制度を行っている財団法人法律扶助協会が1952年1月24日に設立されたことから、1993年に1月24日を「法律扶助の日」と制定したそうです。

法律扶助とは、国民の権利の平等な実現をはかるために、法律の専門家による援助や、裁判のための費用を援助する制度であり、民事法律扶助事業は、総合法律支援法第30条第1項2号により平成18年10月2日に法律扶助協会から日本司法支援センターに引き継がれました。

法律扶助協会には、人が手を広げたような形のシンボルマークがありますが、これは「中国雲南省の少数民族ナシ族が今も使用している象形文字『トンパ文字』から、『手を振る人』という意味をあらわす字をデザインしたもの」ということです。「あなたの味方がここにいるよ、と手を振る人を法律扶助協会に見立てて」いるそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年1月21日 (日)

代表者会議in福岡

20日と21日は、福岡市で全青司代表者会議でした。

福岡は、美味しい食べ物がたくさんあるので、会議以外の楽しみもあります。今回、岐阜からは私を含めて3名が参加しました。

20日、7時40分に名古屋から新幹線に乗り込み11時頃に博多に到着しました。早速、お昼ご飯に刺身を食べに行きました。平成14年の夏に全青司全国研修会で行ったことのあるお店ですが、今でもそのときに食べたイカの味が忘れられません。

今回もイカを食べようと思って行きましたが、残念ながら今回はイカがありませんでした。代わりにカワハギやヒラメの活造りを食べましたが、やはりとても美味しかったです。

おなかが満足して、13時から代表者会議です。

会議の最初は「10年後の司法書士」をテーマにグループディスカッションです。私は、10年前は司法書士ではなかったですが、10年前の司法書士は今の現状を想像もしていなかったことと思います。私も10年後の司法書士については、なかなか想像することが出来ませんが、希望を持って10年後のことを考えることは想像から創造につながり重要であると思っています。私は、司法書士になってから研修制度に携わってきましたので、どうしても研修制度から司法書士制度を考えてしまいます。個人的には、制度の水準を維持するために研修を義務化すべきであると思っています。司法書士のありかたとしては、かかりつけ医師のような存在でありたいと思っています。また、一定レベルで広範囲の法律能力を確保していくことに加えて、個人の司法書士が専門分野を持ち、司法書士間の連携を図る必要があると思っています。

会議は、その後、憲法改正に関する提言書についての協議、大会研修委員会の報告を行い1日目は終了しました。憲法改正に関する提言書については、各単位会や個人から様々な意見がありましたが、執行部の回答から執行部の意気込みがよく伝わってきました。私も、よく考えていきたいと思います。

21日は、9時から会議でした。

単位会ブロック会報告に引き続き、全青司会則改正の協議、プロボノ活動委員会報告、簡裁事件受任推進委員会報告、人権擁護委員会報告、司法・司法書士制度等研究対策委員会報告、消費者問題対策委員会報告、憲法委員会報告、登記所統廃合等行政問題対策委員会報告、広報委員会報告、月報委員会報告を行い、いつものように盛りだくさんでした。

会議終了後は、20日に食べられなかったイカの活造りを食べに行きました。この日は、無事イカの活造りにありつくことができ、ビールと一緒に大変美味しくいただきました。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007年1月19日 (金)

久しぶりの登記

私の事務所は、岐阜県の田舎にあるため周囲にはマンションはほとんどありません。

本日、久しぶりにマンション(他の市の物件)に関して、買戻権(買戻特約の登記)の抹消登記依頼が来ました。

通常、マンションは区分所有建物(専有部分の登記がなされ専有部分ごとに権利関係の登記がなされる)であり、敷地権(専有部分と一体として処分すべき敷地利用権)の登記がされています。

今回の依頼は、敷地権の登記がされる前に土地と建物に登記された買戻権でして、買戻権の登記がされた後に敷地権の登記がされたものでした。

数年前、横浜で補助者をやっていた頃は、マンションの登記が多かったため敷地権の一体処分について整理できていましたが、岐阜に移ってから5年程になるためか、今回は一体処分の原則が当てはまるのか即座に分かりませんでした。

そこで、自分のためにも少し整理してみたいと思います。

実務上、マンションについては、担保権は敷地権の登記前でも専有部分と敷地利用権を共同担保としていることが多い

 ↓そこで

敷地権の登記をするときに敷地利用権について専有部分と同一債権を担保する担保権の登記がされている場合は、その敷地についてその「同一の登記」を抹消し、以後その登記は、専有部分にされている登記で賄うことにした。

 ↓これによって

敷地権の登記後、登記簿の簡明化を図ることが可能になった。

 ↓ただし

担保権以外の登記は、権利の細かい内容が登記事項となっていないので、「同一の登記」であるかどうかの判断が困難であるため、敷地について抹消の登記はせず、専有部分に「建物のみに関する」旨の付記登記がされる。

さて、今回の買戻権はどうかというと担保権以外の登記に該当するため、敷地について抹消の登記はされておらず、専有部分に「建物のみ関する」旨の付記登記がされていました。よって、敷地の共有持分に対して設定された買戻権の抹消登記もする必要があるということになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月18日 (木)

最後の役員会?

「最近、更新が少ないね~」と土岐市のNさんに言われてしまいました。

確かに最近は更新が減ってきています。いろいろ書こうと思うことはあるのですが、家に帰ってビールを飲むと眠くなってしまい寝てしまうので・・・。でも、今年の目標にも掲げたように今年はブログの充実を重点目標としますので暖かく見守っていてください。

さて、本日はこれから岐阜青年司法書士会の役員会です。今日で今年度9回目です。本日の議題は2月に開催予定の定時総会について。次期役員候補はだいたい決まっておりますので、今日の会議では総会資料の確認をし、印刷作業の分担と当日の進行の確認などについて打合せをします。

もしかすると今年度の役員会は最後になるかもしれません。思えば役員会や例会や委員会なんかで去年は何回岐阜に行ったでしょうか。毎回、行き帰りの高速で好きな音楽を聴くのが楽しみでした。

今日は「憂歌団」でも聴きながらボチボチ行こうかと思ってます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年1月14日 (日)

専門分野修得研修プログラム(本番)

13日(土)と14日(日)は、東戸塚で平成18年度専門分野修得研修プログラムの集合研修(グループディスカッション)がありました。

この研修は、構想に長い年月をかけてやっと実施することができた研修で、私は日司連中央研修所の所員になった4年前からかかわってきました。

今年度取り上げたテーマは「債務整理」です。

13日は、10時からグループディスカッションのグループリーダーに集まってもらいグループディスカッションの打ち合わせを行いました。グループリーダーの方たちは、債務整理について最前線で業務を行っている人たちでして、この打ち合わせにおいても活発な意見交換が行われました。

そして、13時から全体のガイダンスと講話を行い、13時40分からいよいよグループディスカッションがスタートです。

18時10分まで各グループで相談・手続選択・任意整理・特定調停のディスカッションが行われました。受講者のグループ分けはランダムに行ったため、グループによっては債務整理業務の経験者がほとんどいないというグループもあったようですが、いずれのグループにおいてもグループリーダーにうまくリードしていただいたようです。

14日は、9時から15時まで途中休憩を挟みながら破産・個人再生・過払い金返還請求のディスカッションを行いました。いずれも多くの論点があるものですので、すべての論点を詳細に取り上げることはできなかったようですが、債務整理の業務のあり方や手続の全体像はつかむことはできたのではないかと思います。受講者から「時間が短く感じられ、あっという間の研修でした」との感想を耳にし、充実した研修であったことと思います。

今回の研修の受講者のうち約半数は今まで債務整理業務の経験がほとんど無いという人でしたので、この研修で修得したことを生かして今後積極的に債務整理の業務に取り組んでいただければ主催者側としては嬉しい限りです。

また、2日間グループディスカッションをリードしていただいたグループリーダーの皆様、大変お疲れ様でした。おかげさまで無事研修を終えることができました。ありがとうございました。

今回の経験と反省を踏まえて、この研修プログラムをより発展させるべく検討を重ねていくことが必要であります。受講者アンケートとグループリーダーからの意見や感想を集計・分析し、よりよいプログラムになりよう改良していきたいと思います。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年1月12日 (金)

新幹線の過ごし方

今日は、土曜日と日曜日に日司連中央研修所で主催する研修の準備のため新幹線を利用して名古屋から横浜の東戸塚まで来ました。

最近の新幹線の過ごし方ですが、行きと帰りで少し違います。

行きは、ペットボトルのお茶を飲みながら本を読んでいます。それも仕事関係の書籍が多く、普段の業務の中で生じた疑問に関連する本や冊子を持って行き、車内で読んでいます。ちなみに今日は、会社法のうち大会社について記載がある部分を持って行きました。少し会計監査人の理解が深まったと思います。

帰りは、ビールを飲みながら雑誌を買って読んでいます。雑誌は、普段あまり読まないので何でも構いません。2時間程度の時間がつぶせそうなものを駅の売店で購入して新幹線に乗り込みます。

今回は、研修が終わった後、日曜日に帰ります。何の雑誌にしようかな~?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 9日 (火)

今年は・・・

久しぶりの書き込みですが、年末年始は私の実家(横浜)に行ったり、妻の実家(岐阜県)に行ったりしていて、自分の家には全くいませんでした。

070107_10230001 6日から8日の三連休は、家族と出かけようと考えていましたが、あいにくの雪で近くのお店に買い物に行くくらいしか出来ませんでした。

ちなみに家の付近の雪はこんな感じでした。

さて、年が明けたということで、今年の目標をいくつか書いておきたいと思います。

1 ブログの充実

 今年で2年目に突入です。今年は、もう少し内容のあるブログにしたいです。

2 家族サービスの充実

 子供を連れてディズニーランドに行ってみたい。自分自身も10年以上行ってないです。

3 仕事の充実

 今年は、自分の得意分野ができるよう研鑽を積みたいです。

4 ギターの上達

 最近めっきり弾く機会が少なくなってしまいました。指先に血豆を作ることが目標です。

5 バンド活動再開

 年に1回程度しかスタジオに入っていません。もっとバンド活動をしたい。

6 庭の手入れ

 庭一面をサッカー場のような芝生にしたい。

いくつ達成できるか分かりませんが、目標達成に向けて今年も張り切っていきます。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »