« 新幹線の過ごし方 | トップページ | 最後の役員会? »

2007年1月14日 (日)

専門分野修得研修プログラム(本番)

13日(土)と14日(日)は、東戸塚で平成18年度専門分野修得研修プログラムの集合研修(グループディスカッション)がありました。

この研修は、構想に長い年月をかけてやっと実施することができた研修で、私は日司連中央研修所の所員になった4年前からかかわってきました。

今年度取り上げたテーマは「債務整理」です。

13日は、10時からグループディスカッションのグループリーダーに集まってもらいグループディスカッションの打ち合わせを行いました。グループリーダーの方たちは、債務整理について最前線で業務を行っている人たちでして、この打ち合わせにおいても活発な意見交換が行われました。

そして、13時から全体のガイダンスと講話を行い、13時40分からいよいよグループディスカッションがスタートです。

18時10分まで各グループで相談・手続選択・任意整理・特定調停のディスカッションが行われました。受講者のグループ分けはランダムに行ったため、グループによっては債務整理業務の経験者がほとんどいないというグループもあったようですが、いずれのグループにおいてもグループリーダーにうまくリードしていただいたようです。

14日は、9時から15時まで途中休憩を挟みながら破産・個人再生・過払い金返還請求のディスカッションを行いました。いずれも多くの論点があるものですので、すべての論点を詳細に取り上げることはできなかったようですが、債務整理の業務のあり方や手続の全体像はつかむことはできたのではないかと思います。受講者から「時間が短く感じられ、あっという間の研修でした」との感想を耳にし、充実した研修であったことと思います。

今回の研修の受講者のうち約半数は今まで債務整理業務の経験がほとんど無いという人でしたので、この研修で修得したことを生かして今後積極的に債務整理の業務に取り組んでいただければ主催者側としては嬉しい限りです。

また、2日間グループディスカッションをリードしていただいたグループリーダーの皆様、大変お疲れ様でした。おかげさまで無事研修を終えることができました。ありがとうございました。

今回の経験と反省を踏まえて、この研修プログラムをより発展させるべく検討を重ねていくことが必要であります。受講者アンケートとグループリーダーからの意見や感想を集計・分析し、よりよいプログラムになりよう改良していきたいと思います。

|

« 新幹線の過ごし方 | トップページ | 最後の役員会? »

コメント

研修会おつかれさまです。

岐阜でも裁判事務推進委員会が企画した多重債務の研修会が13日に行われましたが、80名以上の参加者があり盛況でした。苦労して冊子を作って研修会を企画した甲斐がありました。

普段あまり債務整理業務をしておられないであろう方々も多数参加されていたようで嬉しかったです。

でわでわ

投稿: いとう | 2007年1月14日 (日) 22時06分

いとうさん、研修会お疲れ様でした。
岐阜の研修も気になっていましたが、多数の参加者で成功したようで何よりです。
今度、詳しく聞かせて下さいね。

投稿: 小司隆信 | 2007年1月15日 (月) 09時28分

お疲れでした。ホント。西会場はどうだったんですかね。またアンケート結果も楽しみですね。セッションはいつになったら出来るのかいね(笑)

投稿: 小澤吉徳 | 2007年1月15日 (月) 20時34分

アンケートの結果は、私も楽しみにしています。しかし、今週から新人研修が始まるため集計には多少時間を要するかもしれません。

セッションは・・・・いつになるのでしょう。そういえば、ライブやるんですよね。機会があれば観に行きたいです。

投稿: 小司隆信 | 2007年1月16日 (火) 08時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166228/13493772

この記事へのトラックバック一覧です: 専門分野修得研修プログラム(本番):

« 新幹線の過ごし方 | トップページ | 最後の役員会? »