« 岐阜青年司法書士会 定時総会 | トップページ | 支部研修事前課題② »

2007年2月21日 (水)

支部研修事前課題①

24日(土)に所属する岐阜県司法書士会東濃支部の支部研修があります。今回の研修テーマは「根抵当権元本確定」でして、事前に課題が課せられています。

せっかくですので、私個人の事前課題の検討結果を順次アップしていきます。あくまでも個人的に検討しただけですので間違っている可能性があることをご了承下さい。

【問題1】

根抵当権の債務者甲が死亡した場合に当該根抵当権が担保している債権は何か?

【解答案】

相続開始後6ヶ月以内に合意の登記をするか否かで異なるが、6ヶ月以内に合意の登記をしなかったと仮定すると、根抵当権は相続開始の時に確定したものをみなされるため、相続開始の時に存する債務を担保する。つまり、甲と根抵当権者との間で発生した債務とそれに対する利息損害金を担保することになる。

|

« 岐阜青年司法書士会 定時総会 | トップページ | 支部研修事前課題② »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166228/13997591

この記事へのトラックバック一覧です: 支部研修事前課題①:

« 岐阜青年司法書士会 定時総会 | トップページ | 支部研修事前課題② »