« 中央研修所予定者会議 | トップページ | BBQ »

2007年7月31日 (火)

割賦販売法勉強会

30日は、中央研修所の会議が終わってから新幹線で名古屋に向かい愛知県司法書士会館で全青司主催の割賦販売法勉強会に出席してきました。

18時30分からの勉強会でしたが、新幹線の都合で10分ほど遅れてしまいました。そぉーっと扉を開けると講師の山田茂樹さんが「・・・本日は、地元の被害事例ということで小司さんから資料を提供してもらっています。・・・」(そうなんです、先日資料提供だけということで依頼を受けて資料を提供しました)「・・・後ほど小司さんからこの事例の報告もしてもらうことになっていますので・・・」(えっ?資料提供の話は聞いていたけど報告の話は聞いていないよ。全青司恐るべし!)

さて、内容は山田さんの名講義(いつもながら惚れ惚れするようなメリハリのある口調です)のより、①現状の割賦販売法の問題点、②中間整理の内容、③中間整理を受けて我々の獲得目標は何か、④獲得目標を実現するために何をすべきか、の説明がなされました。

山田さんの講義終了後におまけで私の事例を報告しました。突然だったので上手くまとめられませんでしたが、少しはお役に立てたのでしょうか?

さて、我々の獲得目標ですが以下のとおりです。

①契約型クレジットについては、クレジット事業者の無過失共同責任規定を導入すること

②クレジット事業者に対する実効性ある過剰与信防止義務を明記すること

③割賦要件・指定商品(役務)制度は廃止すること

④契約書型クレジットについて、カード式同様登録制度を導入し、且つ契約書面交付義務を明記すること

⑤クレジット事業者の不適正与信防止義務を明記すること

目標実現に向けては、被害事例の集約、パブコメ、請願活動、議員要請などがあげられるでしょうか。

|

« 中央研修所予定者会議 | トップページ | BBQ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166228/15959710

この記事へのトラックバック一覧です: 割賦販売法勉強会:

« 中央研修所予定者会議 | トップページ | BBQ »