« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月18日 (火)

全青司広島全国研修会

15日と16日は、全青司広島全国研修会に参加してきました。テーマは「知る」です。

初日は、基調講演とパネルディスカッションがありました。

パネルディスカッションでは「司法書士の1週間-2017年9月-」と題して広島実行委員会の方々が検討した10年後の司法書士を映像化していました。10年先のことを予想するのは、難しいことだと思いますが、それをすることによって現在の司法書士としてすべきことが見えてくると思います。

今回、広島実行委員会が作成した映像の中で興味深かったのは『究極のオンライン決済』『あなたの紛争解決します!』『あなたはどこで開業しますか?』でした。

『究極のオンライン決済』では、まさに現在考えうる究極のように感じました。「ホームロイヤー登録」「司法書士の公証権限」「オンライン時代の本人確認」とどれも興味深く真剣に考えさせられました。

『あなたの紛争解決します!』では、司法書士事務所でADRが行われるようになっているとしていましたが、これは実現可能性があるようにも思えますが手続保障をどのようにするかという大きな課題があるように感じました。

『あなたはどこで開業しますか?』では、「免許更新制度」「地域密着型の司法書士」「特定分野のプロフェッショナルである司法書士」が提案されていました。免許更新については、自治権との関係でも重要な論点であると思います。また、将来の司法書士像については、スペシャリストを目指すかゼネラリストを目指すか、そのバランスをどのように考えるかという一人ひとりが考えなければならない大きな課題であると思いました。

そして、2日目は私が所属している制度委員会担当の第6分科会(司法・司法書士制度)に参加しました。

私は、「研修の義務について」と「懲戒後の研修制度」について発表をしました。持ち時間が10分ほどと短かったので上手く伝えることができたかどうか不安ですが、良い経験をさせていただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月13日 (木)

事務所に大学生が来ました。

本日(13日)から月末まで大学2年生の男子学生がインターンシップで事務所に来ています。

将来、司法書士になりたいとのことで、初日から熱心に業務内容を見ていました。

さて、本日はインターンシップの学生と共に午後から各所を回ってきました。

最初は、春日井市の公証人役場で電子定款の受領です。当然ですが、彼は公証人役場は初めてでして、公証人役場の雰囲気に多少驚いていました。どうも市役所のような所を想像していたようで、公証人が一人しかいないことに驚いたようです。

次は、法務局で申請と受領です。登記申請の受付でどのように登記申請の手続が進んでいくのかを簡単に説明しました。彼から「登記完了予定日に表示と権利があるのはなんですか?」と質問を受けたので、表題部と甲区・乙区の違いを説明しました。マニアックに丙区、丁区、戊区まで説明しようかと思いましたがやめておきました。

そして、最後は成年被後見人が入院している病院で障害者手帳更新の事務手続きを行ってきました。

明日以降も司法書士の魅力と可能性を伝えるべく頑張りたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月10日 (月)

岐阜県司法書士会研修会

8日(土)は、大垣市で行われた岐阜県司法書士会の研修会に参加してきました。

研修会のテーマは「司法書士の相談業務-技法とその訓練-」でして、講師は名古屋大学大学院法学研究科教授の菅原郁夫先生でした。

前半は面接技法について先生の講義を受け、後半は模擬法律相談を観ました。

後半の模擬法律相談は、相談員役を司法書士が行い、相談者役をボランティアの方にお願いしたそうです。これまで研修で模擬法律相談をする場合、相談者役も司法書士が行うことが多かったですが、相談者役を法律家以外の人が務めることによりリアリティーのある模擬法律相談となっていました。

他の人の相談を観ることは、それだけでも勉強になるのですが、今回は模擬相談者から感想や意見を聞くこともできましたし、菅原先生からもアドバイスをいただくことができまして、とても充実した研修会となりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 4日 (火)

クレサラ無料相談会

4日(火)は、多治見市の無料相談会に参加してきました。

この相談会は債務相談全国キャラバンの一環として岐阜青年司法書士会主催で開催したものです。

貸金業法改正以来、地方自治体も債務相談に積極的になってきており、今回の相談会も多治見市の多大な協力を得て実施することができました。

今回は時間が足りず十分な広報が出来なかったのですが、予想していたより相談者は多く、この分野における司法書士の役割を改めて痛感しました。

今後も地方自治体と協力しあいながら積極的に取り組んでいく必要があると感じました。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

たっぷり新幹線

8月31日(金)は、13時から東京の四ッ谷で日司連中央研修所所員会議でした。

平成19年度になってから最初の所員会議ということで自己紹介からはじまり、今年度の事業計画について協議しました。

その後、16時台の新幹線に乗って岐阜県司法書士会館に行き、青年会消費者問題研究委員会に出席してきました。

この委員会では10月27日に開催予定の研修会について協議しました。またもや宿題をもらってきて忙しくなりそうです。

そして、31日の夜は名古屋に泊まって、翌日9月1日は7時台の新幹線に乗って再び東京の四ッ谷で中央研修所の部会に出席しました。

そして会議終了後、15時台の新幹線に乗って帰宅しました。

2日間で、名古屋と東京を2往復して新幹線には4回乗りましたが、一度も新型車両のN700系には当たりませんでした。次回こそはN700系に乗りたい。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »