« 事務所に大学生が来ました。 | トップページ | インターンシップ »

2007年9月18日 (火)

全青司広島全国研修会

15日と16日は、全青司広島全国研修会に参加してきました。テーマは「知る」です。

初日は、基調講演とパネルディスカッションがありました。

パネルディスカッションでは「司法書士の1週間-2017年9月-」と題して広島実行委員会の方々が検討した10年後の司法書士を映像化していました。10年先のことを予想するのは、難しいことだと思いますが、それをすることによって現在の司法書士としてすべきことが見えてくると思います。

今回、広島実行委員会が作成した映像の中で興味深かったのは『究極のオンライン決済』『あなたの紛争解決します!』『あなたはどこで開業しますか?』でした。

『究極のオンライン決済』では、まさに現在考えうる究極のように感じました。「ホームロイヤー登録」「司法書士の公証権限」「オンライン時代の本人確認」とどれも興味深く真剣に考えさせられました。

『あなたの紛争解決します!』では、司法書士事務所でADRが行われるようになっているとしていましたが、これは実現可能性があるようにも思えますが手続保障をどのようにするかという大きな課題があるように感じました。

『あなたはどこで開業しますか?』では、「免許更新制度」「地域密着型の司法書士」「特定分野のプロフェッショナルである司法書士」が提案されていました。免許更新については、自治権との関係でも重要な論点であると思います。また、将来の司法書士像については、スペシャリストを目指すかゼネラリストを目指すか、そのバランスをどのように考えるかという一人ひとりが考えなければならない大きな課題であると思いました。

そして、2日目は私が所属している制度委員会担当の第6分科会(司法・司法書士制度)に参加しました。

私は、「研修の義務について」と「懲戒後の研修制度」について発表をしました。持ち時間が10分ほどと短かったので上手く伝えることができたかどうか不安ですが、良い経験をさせていただきました。

|

« 事務所に大学生が来ました。 | トップページ | インターンシップ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166228/16484864

この記事へのトラックバック一覧です: 全青司広島全国研修会:

« 事務所に大学生が来ました。 | トップページ | インターンシップ »