« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月30日 (火)

債権譲渡登記

今日は、債権譲渡登記について頭を整理しておきます。

先日、依頼があった債権譲渡登記は「債務者不特定の将来債権の譲渡」でした。

まず、将来債権の譲渡の有効性ですが、現在では将来債権の譲渡が有効であるということについて異論はないと思われます。これについては、最判平成11年1月29日で譲渡に係る債権が将来発生する可能性が高いか低いかによって譲渡契約の有効性を左右しないものとされています。

また、将来債権の特定については判例で次のように判示しています。

「将来の一定期間内に発生し、又は弁済期が到来すべき幾つかの債権を譲渡の目的とする場合には、適宜の方法により右期間の始期と終期を明確にするなどして譲渡の目的とされる債権が特定されるべきである」(最判平成11年1月29日)

「予約完結時において譲渡の目的たるべき債権を譲渡人が有する他の債権から識別することができる程度に特定されていれば足りる。この理は、将来発生すべき債権が譲渡予約の目的とされている場合でも変わるものではない」(最判平成12年4月21日)

この最高裁判例から債務者不特定の将来債権の譲渡については、次のとおり疑問がわいてきます。

債務者を特定しない将来債権の譲渡については、どのように考えるべきか?

債権譲渡についての民法の特例である債権譲渡特例法は、もともとは債務者が特定されていない将来債権については、譲渡債権として特定することができないし、債務者への通知もできないことから債権譲渡の登記を認めていませんでした。しかし、経済界から債務者を特定しない将来債権についても、これを譲渡して企業の資金調達に役立てるべき事情があることが指摘され、債務者不特定の将来債権についても登記の対象に含めるようにすべきことが強く要望されたため、債権譲渡特例法が改正されて債務者不特定の将来債権についても登記の対象とすることができることになりました。

債務者不特定の将来債権をどのように特定するのか?

将来債権の譲渡については、債務者の氏名等が最も中心的な特定の基準と思われますが、債務者不特定の場合には債務者以外の以下のような基準によって特定するものと考えられます。

①債権発生の原因となる契約ないし取引の種類

②債権発生の原因となる契約ないし取引にかかる商品や不動産等の目的物

③債務者となるべき者の範囲

④債権の発生時期

債務者不特定の将来債権の譲渡の対抗要件は?

債権譲渡の対抗要件は、第三者に対しては債権譲渡特例法により債務者不特定の将来債権の譲渡についても、登記がされたときは、民法467条の規定による確定日付ある証書による通知があったものとみなされるとされているのため、登記をすれば、その債権譲渡を第三者に対抗することができます。しかし、債務者に対しては、不特定であるので債権譲渡特例法による「債務者に登記事項証明書を交付して通知」したり「債務者が承諾」をすることは当然できません。したがって、譲受人が当該債権を取得したことを債務者に対抗するためには、債務者特定後に改めて登記事項証明書の交付による通知または債務者の承諾という対抗要件を具備する必要があります。

以上のように一つの依頼で大変勉強をさせていただきましたが、残念ながら今のところ債権譲渡登記の依頼は1件だけです。やっぱり田舎ではまだまだこのような登記は数が少ないのが現状です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月29日 (月)

消費者問題の研修会

27日(土)は、岐阜青年司法書士会消費者問題研究委員会による消費者問題の研修会を開催しました。

私は、成り行きで委員長(代行)を務めさせていただいていましたので、ここ2週間ほどは準備に追われていました。

受講者は50名ほど集まって、ほぼ満員の大盛況でした。

講義は、消費者契約法・特定商取引法・割賦販売法の概要説明から始まり、それに引き続いて事例研究の発表を行いました。

事例は、クレジットカードのトラブル(出会い系サイトの利用料金)と次々販売の契約解除を取り上げました。

消費者問題については、様々な法律が関係してきますので事例研究をするのが一番の勉強になると考えています。今回取り上げた事例でも、電子消費者契約法やプロバイダー責任法など、馴染みの薄い法律も関係してきます。

また、法律の規制にかからないように知恵を絞っている悪質な業者も多いため、事実の把握をして法律を当てはめる際に立法趣旨や目的から法律の解釈をしていく必要があります。実際に受任をすると骨の折れる作業もありますが、法律家としてやりがいのある業務といえます。

今回の研修によって、消費者問題に取り組む司法書士が少しでも増えることを切に願っています。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年10月12日 (金)

交通事故(物損)分野修得研修プログラム

11日は、13時から標記研修プログラムの課題教材作成の打ち合わせがありました。

このような教材作成の打合せでは、論点をどの部分にするか、難易度をどの程度に設定するか、受講者に提供する情報はどの程度のものとするか、解答例はどのように作成するかなどを複合的に検討しなければならず、とても大変な作業です。

しかし、打ち合わせに参加することによって、初学者である私には重要な論点を広範囲に知ることができますし、課題作成の経緯を学ぶこともできるため、非常に有意義な時間を過ごすことができます。

研修の企画運営は骨の折れる作業ですが、それ以上に得るものも多いです。

集合研修本番の1月13日・14日に向けて、もうひとふんばり頑張ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 5日 (金)

自動でチューニング!?

ギターのチューニングを自動でやってくれるというシステムが開発されたそうです。

「Powertune」というらしい。

記事には、「ドイツのTronica社が10年をかけて開発したもので、各弦の音程を拾うのに圧電ピックアップを採用している。通常のピックアップは、弦の中間部分に近接して配置され、磁場の中で振動する際に起きる電流を拾う。これに対し、圧電ピックアップはブリッジ[弦の本体側の支点となる部品]に組み込まれていて、圧力(弦の張力)の変化を拾って電気信号に変換する。」と書かれてありました。

これを使えば、スライドギターのオープン・チューニングから、好みのあらゆるチューニングまで、カスタム・チューニングを保存しておけるということで、ライブには最適です。

ギブソンから売り出される予定のようなので要チェックです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年10月 1日 (月)

迷惑メールフィルター

今ではメーリングリストは一般的になっています。念のため説明しますと、複数の人に同時に電子メールを配信(同報)する仕組みです。

つまり、メーリングリストに宛ててメールを配信すると自分にもメールが送られてくることになります。

また、表題の迷惑メールフィルターとは、ダイレクトメールや嫌がらせのメールなどの迷惑メールを自動的に専用のフォルダーに振り分けたりする機能のことを言います。

私は、メールアドレスを公開しているので、この迷惑メールフィルターを利用していますが、ほとんどの迷惑メールはこのフィルターに引っかかってくれるので大変助かっています。

しかし・・・

本日、メーリングリストに送信した自分のメールが自分の迷惑メールフィルターに引っかかってしまいました。

機械が自動的にフィルターにかけているとはいえ、ものすごく悲しい気持ちになりました(泣)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

インターンシップ

9月13日から9月28日まで大学生のインターンシップを受け入れていました。

司法書士業務の幅広さとその可能性を感じていただけるようにできる限り努力しました。彼の日々のインターンシップ日誌にも同様のことが書かれていて大変嬉しく、受け入れをして良かったと思っています。

さて、2週間の間に行ったところは、法務局・裁判所・公証人役場・銀行・病院・社会保険事務所・郵便局・依頼者宅などです。業務内容としては、不動産登記・商業登記・債権譲渡登記・裁判外和解・裁判書類作成業務 (個人債務者再生手続・訴状)・簡裁代理訴訟・後見人業務を見てもらいました。

配属研修やインターンシップを受け入れると、内容を説明しながら業務を行うことになるので、時間がかかり大変な思いをします。しかし、自分自身も執務姿勢を見直すことができたり、知識の再確認にもなるため、メリットも十分あります。そして、何よりも若くて将来の可能性が広がっている人と接することにより刺激を受けることができるし、モチベーションも高くなります。

今後も機会があれば是非受け入れをしていきたいと考えています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »