« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月15日 (火)

育児分野修得研修

前の記事に書きました交通事故-物損-分野修得研修プログラムが私の実家がある横浜市で開催でしたので、私は12日から14日まで実家に宿泊しました。

この三連休は妻も仕事があったため3歳の娘の面倒を私がみることになり、初めてお父さんだけで子どもを連れて実家に帰郷しました。

在来線と新幹線を乗り継ぎ約2時間半の旅でしたが、幸い電車内で騒いだり泣いたりすることはありませんでした。

しかし、さすがに大きな荷物を持ちながら子どもを連れて電車を乗り継ぐのは大変でした。家に帰ってからは、疲れ果ててすぐに寝てしまいました。

育児をしている母親は、たくましいということを改めて実感しました。

私は、さながら育児分野修得研修を受けてきた気分です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

交通事故-物損-分野修得研修プログラム

13日(日)と14日(月)は、横浜市の東戸塚で交通事故-物損-分野修得研修プログラムの集合研修が行われました。

私は、日司連中央研修所の所員として企画段階から携わり、当日は運営のお手伝いをしてきました。

この修得研修プログラムは「必読図書の通読」「DVDの視聴」「事前課題」「集合研修(グループディスカッション)」という一連の研修をプログラム化したもので、昨年の債務整理分野に引き続き、今年度は交通事故(物損)を取り上げました。

今年度の集合研修(グループディスカッション)は、相談ロールプレイと訴状・答弁書の起案を行いました。グループディスカッションにおいては、10名程度の各グループにグループリーダーが一人付き、受講者が司法書士役、グループリーダーが相談者役に扮しロールプレイをしました。

研修を終えた後のグループリーダーの話によると、受講者のレベルは高かったようで、充実した研修ができたものと思われます。

この研修プログラムは、受身の研修ではなく能動的な研修ですので、受講者もグループリーダーも2日間という長丁場の研修にお疲れのことと思いますが、本日からの業務と司法書士制度のために研修の成果を生かして欲しいと考えております。

この研修プログラムは、講師・教材作成・グループリーダーという多くの方々の協力がなければ実施することができません。無事に研修を終えることができ、ご協力いただいた皆様には感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年1月 8日 (火)

ウルフルズ快挙

今日は、音楽ネタです。

私もカラオケでよく歌う「ガッツだぜ!!」で有名なウルフルズが、アメリカNo.1のSNS「マイスペース」で自分たちの楽曲を視聴できるようにしたところ、「あんまり小唄」という曲がブルースファンの間で話題になり、アップルのiTunes Storeで販売されると、全米ブルース部門で第6位の販売を記録したそうです。

日本人の曲が全米で6位、しかもブルース部門というのがすごいですよね。

この曲、要チェックです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 4日 (金)

今年は・・・

あけましておめでとうございます。

今年も最初の書き込みは、「今年の目標・抱負」を書いてみたいと思います。

昨年のものを読み返してみたら、昨年は6個も目標をかかげていました。

今年は、一つだけ・・・。

「精神と体力の充実」

今年で35歳。肉体的にも精神的にも人生の曲がり角と言える時期ですので、抽象的ではありますが、今年はこの目標をかかげて一年間張り切って行きたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »