« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月18日 (月)

リーガルサポート市民公開講座

16日(土)は、岐阜市で開催されました、リーガルサポート岐阜支部主催の市民公開講座に行ってきました。

成年後見制度の普及と市民後見人の育成を目的として開催されたものでして、私は講座の第3講の「悪質商法被害と成年後見制度の活用」の講師の一人(他に3名の司法書士)として呼んでいただきました。

福祉施設の方や一般市民を対象に受講者を募集したそうですが、約90名もの人に聞きに来ていただいて、大変盛況でした。

私たち4名の講師陣は、高齢者の悪質商法被害の特徴を説明し、特に被害が深刻な次々販売被害の構造とその予防法・解決法を説明しました。出来るだけ難しい言葉を使わないように気をつけたつもりですが、ついつい「特商法」とか「割販法」とか「誘引」とか「不実告知」などという言葉を言ってしまったかもしれません。

そして、市民公開講座の後は岐阜県司法書士会執行部と会員との懇談会が行われました。内容は、会則改正と支部再編についてです。

会則改正については、来月からゲートキーパー法が施行されるということで、どのように対応するか、本人確認規程をどのように定めるかという話でした。

私は、司法書士の職責に基づく本人確認とゲートキーパー法に基づく本人確認はその目的と趣旨が異なるものであるので、もし規程として定めるのであれば別個のものにすべきだという意見を述べさせていただきました。

また、司法書士界はゲートキーパー法に反対の総会決議をしていますが、法律が成立した以上は遵守しなければいけないと思います。

しかし、今後司法書士界はゲートキーパー法の廃止や改正を求めていくのか、それとも成立した以上他士業などと連携して積極的に法律を遵守するようリードしていくのか、という方向性がよく見えませんでした。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年2月 6日 (水)

青年会役員会

5日は久しぶりに青年会の役員会に出席してきました。

青年会では2月29日に定時総会の予定ですので、その資料印刷を内容の確認をいたしました。

事業報告で改めて今年度の事業を読み直しましたが、本当に幅の広い事業を行ったなぁと思います。

会長はじめ役員の皆様はお疲れ様でした。会長はこの1年で目覚めたようで、今では「人権派司法書士」の道をまっしぐらです。

今年の総会は「全青司全国大会の反省?」と「会則改正」という議題があるので総会の時間も1時間を予定しています。

通例で前年度会長の私が議長予定者となっておりますので、円滑な議事が行われるように準備をしておこうと思います。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »