« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月27日 (木)

気になるもの

今、気になっているものはデジカメです。

現在持っているのは、だいぶ前に購入したもので家族で使っています。

そこで、今度自分専用のものを購入しようと思っていますが、以前に比べるとデザインも機能もバリエーションが豊富になっていて、かなり迷っています。

機能面で気になっているのは無線LANですが、この機能については今後も格段と進歩しそうな気がするので、もう少し待ったほうが良いのかどうか。

しばらく電気屋さんに通うことになりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月19日 (水)

待ち時間解消の工夫

本日は、成年後見業務で某メガバンクにて定期預金に関する手続をしてきました。

受付票発行機で番号を受け取り5分程度待ってから窓口に呼ばれます。通帳記入のお願いと定期預金の手続をお願いしたところ、「申し訳ありません。定期の手続については、別の窓口にて順番にご案内していますので、もう少しお待ち下さい。」と言われました。

それから待つこと30~40分。やっと呼ばれて5分程度で手続完了しました。合計で約1時間の仕事になってしまいました。

このメガバンクですが、案内係や受付票発券機による窓口の振り分けや来店予約など待ち時間の解消のために様々な工夫をしていますが、まだ待ち時間が長く感じられます。おそらく資産運用の相談などが長時間になるためだと思います。

この待ち時間の解消方法は今のところ良いアイデアが思いつかないのですが、この銀行の来店予約システムは良い方法だと思いましたので、早速パンフレットをもらって帰りました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年3月13日 (木)

研修制度研究部会

本日は、中央研修所の標記部会に出席して来ました。
今は帰りの新幹線の中です。つい最近、携帯電話から記事を書くことができることを知ったので試しにやってます。
さて、本日の部会の主な議事は会員研修の義務化です。
研修の必要性、現状の履修状況、現状の法律・会則・規則での研修の規定内容、履修率を上げるための具体的方策、法改正の必要性などを議論しました。
一定の方向性が固まったので次年度に向けて事業計画に盛り込んで引き続き取り組んでいくことになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月10日 (月)

全青司定時総会

9日(日)は土曜日に引き続き高知県で開催された全青司の定時総会に出席してきました。

今回の総会は、事業計画に対して会員からの要望がいくつかあり、その要望がいずれも今年度の全青司への期待を表しているという印象を受けました。

全青司は次年度も稲本新会長のもと多くの重要な課題を情熱を込めて着実にこなしていくことが予想され、微力ながらも私も協力しなければいけないと身の引き締まる思いでした。

080309_15010001 さて、総会は13時に終了したため、午後は高知城に行ってきました。古いお城や門が現在も残っていて、本物の雄大さに感動しました。建築については、全くの素人ですが400年も昔の築城の技術はすごいものだなと感じました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

全青司こうち全国大会

8日(土)は、高知県で行われた全青司の全国大会に参加してきました。

6時に家を出発して、小牧空港7時25分発、8時30分頃には高知県に到着しました。結構近いのですね。

080308_09230001_2 全国大会は午後からでしたので、午前中は桂浜に行ってきました。坂本龍馬の像は想像以上に大きく立派なものでした。そして、坂本龍馬記念館にも行って幕末の勉強をしてきました。

さて、午後からは全青司の全国大会です。

大会のテーマは「原点」。司法書士制度と司法書士の歴史から司法書士の将来像を探るといったものです。

今回改めて司法書士制度の歴史が、国民の需要とその実践から成り立っているということを感じました。

そして、その歴史を踏まえてこれからの司法書士像を考えることになるのですが、やはり利用者である国民の期待に応えていく必要があり、研修などを通じて国民の期待に応えるだけの力を普段から養って備えておく必要があると思いました。

この大会に参加して私の頭の中にモヤモヤしていたものの一つが解消されました。私は、これまで「司法書士のアイデンティティーとは何か」「司法書士の独自性とは何か」「司法書士と弁護士の違いとは何か」ということを考えることがありましたが、この問いかけは的を外れているように思いました。

「司法書士は利用者たる国民の期待に応えていくべきであり、そのために制度上の問題があれば国民の声を代弁すべきである。その結果、見えてくるのが司法書士のあるべき姿である。」と感じました。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年3月 7日 (金)

相談会

6日は、岐阜県司法書士会東濃司法書士総合相談センターの相談会に相談員として行ってきました。

東濃司法書士相談センターは第一木曜日と第三木曜日の月2回相談会を開催しています。

6日の相談は多重債務に関する相談が多かったです。ただし、一口に多重債務といってもその中に住居の問題や離婚の問題や悪質商法の問題が絡んでいて、当然ですが相談ごとにまったく相談内容は異なることになります。

やはり相談員を務めさせていただけると勉強になることが多いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 5日 (水)

ジェフ・ヒーリー

あれは、私が高校生の時だったと思います。衝撃的なギタリストを見ました。

それが「ジェフ・ヒーリー」です。盲目のギタリストでギターをひざの上の載せて弾くという独特のスタイルでしたが、そのスタイル以上に衝撃だったのがギターの音色でした。ジミ・ヘンドリックスを初めて聞いたときと同じような衝撃でした。

当時は、ブルースというジャンルはほとんど知りませんでしたが、ジェフ・ヒーリーはブルースとロックがバランス良くミックスされていて憧れのスタイルでした。

そのジェフ・ヒーリーが3月2日に亡くなったそうです。まだ41歳の若さ。ジミヘンと同じく若くして亡くなってしましました。残念でなりません。

今夜は、家でジェフ・ヒーリーのファーストアルバムを聞いて冥福を祈ることとします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 3日 (月)

青年会定時総会

29日は18時から青年会の定時総会がありました。

今回は、会則改正の議案があったりしたため1時間30分の総会でした。

恒例により前年度会長の私が議長を務めさせていただきましたが、混乱もなくスムーズに審議ができたのでホッとしています。

みやど会長はじめ19年度の役員の皆様、お疲れ様でした。

そして、20年度の新執行部の皆様、さらなる岐阜青年司法書士会の発展を期待しています。

もちろん私も全面的に協力いたします!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »