« 全青司制度委員会 | トップページ | 中央研修所研修制度研究部会 »

2008年6月 9日 (月)

専門分野修得研修プログラム打合せ(仮称:個別労働事件分野)

6日(金)は、東京の司法書士会館で専門分野修得研修プログラムの打合せがありました。

今年度は、労働問題を取り上げることになっておりまして、講師の方々に意見をいただきながら今後のスケジュールなどを決めました。

この研修プログラムは、他の研修に比べて教材作成の部分について講師への負担が重くなっておりますが、講師の皆様は前向きに引き受けてくださり、企画運営を担当している私としてはホッとすると共に尊敬しました。このような方々がいる限り、司法書士の将来は明るいと感じました。

さて、この研修プログラム、今年で3回目ですが改めて説明いたしますと、必読図書の通読・DVD教材の視聴・課題研修・集合研修(ディスカッション)を2ヶ月半に渡って履修することによって、初学者から中級にレベルアップすることができるというものになっています。

9月に受講者の募集をして10月から研修がスタートしますが、それに向けて今から準備を進めていくことになりました。

必ず良い研修プログラムができるものと確信をしております。

あっ、そういえば分野の正式名称を決めるのを忘れていました。これは、次回会議に持ち越しです。

|

« 全青司制度委員会 | トップページ | 中央研修所研修制度研究部会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166228/41480054

この記事へのトラックバック一覧です: 専門分野修得研修プログラム打合せ(仮称:個別労働事件分野):

« 全青司制度委員会 | トップページ | 中央研修所研修制度研究部会 »