« 司法書士会定時総会 | トップページ | 専門分野修得研修プログラム打合せ(仮称:個別労働事件分野) »

2008年6月 2日 (月)

全青司制度委員会

31日(土)は、東京の四谷に行って全青司の制度委員会に出席してきました。

この委員会には昨年から所属していますが、委員会会議に出席するのは初めてでした。

実は、恥ずかしながら正式な委員会の名前を知らなかったりします。確か、全国青年司法書士協議会 司法・司法制度研究委員会だったような・・・。

名称はさておき委員会では市民のためにあるべき司法書士制度を研究しており、全国から、それを真剣に考えているメンバーが集結しています。

この日の会議では、現行の司法書士法の問題点や現状の司法書士制度の問題点を話し合い、将来の司法書士像のためにどのような法改正が必要であるかを議論しました。

当然、短時間では結論は出ませんので、次回の委員会に向けて研究方法も決めなければいけません。この研究方法を決めるのも大変でして、論点の漏れが無いように且つ活発に意見がでるような方法を考える必要があります。

最終的には(京都からの)亀の一声で研究方法は決定しましたので、後は委員全員で盛り上げていければ良いと考えています。

|

« 司法書士会定時総会 | トップページ | 専門分野修得研修プログラム打合せ(仮称:個別労働事件分野) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166228/41400821

この記事へのトラックバック一覧です: 全青司制度委員会:

« 司法書士会定時総会 | トップページ | 専門分野修得研修プログラム打合せ(仮称:個別労働事件分野) »