« 議長は難しい! | トップページ | 中央研修所研修制度研究部会 »

2008年8月26日 (火)

岡山県司法書士会

25日(月)は、会員研修に関するヒアリング調査をするために岡山県司法書士会に行ってきました。

この日は、小田原の付近で大雨のため新幹線が大幅に遅れていました。のぞみ号に乗るはずが、ひかり号の自由席になってしまい、京都まで通路で立っていました。

さて、ヒアリングは、岡山県司法書士会の研修の実施状況について伺ってきました。

会員数が300名を少し超える中規模会なのですが、業務に関する研究委員会が充実していまして、その委員会が講師を務めて研修を行うことが多々あるということでした。また、委員会を継続して行っているため新入会員も講師ができるように育っているとのことでした。

これは、すばらしい取り組みだと思いました。ただ、委員会が多くあるので兼務している会員も多いとのことで、多重会務になっている人がいるそうです。

また、研修単位については、今回岡山県司法書士会で検討したところ、単位付与申請が漏れているものが多くあるとのことで、実際には集計されている単位数より多くの単位を取得しているそうです。今年度からは、申請漏れが無いように周知させていくとのことでしたので、取得単位数が上がることと思います。

他にも、新入会員に対する新人研修の助成、補助者対象研修、12単位取得者の公表に向けての検討など興味深い話を伺うことができました。

このようなヒアリングを全国6単位会で行っていまして、9月1日に開催される部会に持ち寄ることになっています。恐らくそれぞれの司法書士会で様々な工夫がされていると思います。調査結果が楽しみです。

|

« 議長は難しい! | トップページ | 中央研修所研修制度研究部会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166228/42278600

この記事へのトラックバック一覧です: 岡山県司法書士会:

« 議長は難しい! | トップページ | 中央研修所研修制度研究部会 »