« 専門分野修得研修プログラム打合せ | トップページ | 総会 »

2009年5月22日 (金)

課題曲3

前回の課題曲であったアルカトラスの「Jet To Jet」は、やはりスピードについて行けませんでした。パートに分けると何とかイングヴェイのスピードについていけるのですが、通して弾くと全くダメです。特にソロの最初のきめのフレーズは、バッキングパートとピッキングのスピードが全く違うのでモタついてしまいます。

ということで、アルカトラスは継続的に練習していくこととして、次の課題曲に取り組むことにしましたcoldsweats01

次は、ラリー・カールトンの「Room335」です。ラリー・カールトンは、これまで聴いたことがなかったのですが、私のギターの師匠から「この曲は、いい練習になる!」と勧められて、課題曲になりました。

ラリー・カールトンは、フュージョン系のギタリストでギブソンのES-335というギターを愛用しています。そして、曲のタイトルはラリー・カールトンの自宅スタジオの名前ということです。

さて、最初に曲を聴いた感想ですが、うっとりするようなギターのトーンで絶妙なチョーキングで歌うようにフレーズを弾いていて、さわやかでカッコイイと思いました。1978年に録音された曲ですが、色あせることのない名曲ですね。

早速ソロパートの前まで練習してみましたが、弾いていても気持ちのいい曲でした。今回の課題曲のポイントは、表情豊かなチョーキングができるようになることです。

|

« 専門分野修得研修プログラム打合せ | トップページ | 総会 »

コメント

楽勝でした!なんて言われたらどうしようかと思ってましたよ(笑)。次がラリーカールトンとは落差がでかい(笑)

投稿: 小澤吉徳 | 2009年5月25日 (月) 13時47分

嘘でも「楽勝でした!」って書いておけばよかったでしょうかsmile
しかし、ラリー・カールトンのような曲は、奥が深いです。半音チョーキングと全音チョーキングを絶妙に使い分けていますし、そこそこ早弾きもあったりします。

投稿: 小司隆信 | 2009年5月25日 (月) 14時39分

8・8はこの方の前座です。来る?

http://www.hotoke-blues.com/schedule/index.html

投稿: 小澤吉徳 | 2009年6月21日 (日) 23時33分

永井”ホトケ”隆さんのライブは、昔、大阪のアメリカ村で観たことがあります。とても良かったのですが、電車の時間があったため最後まで観れなかったライブでした。

8月8日ですか。
地元の行事と重なってしまいます。
調整できるかどうか・・・。

投稿: 小司隆信 | 2009年6月22日 (月) 09時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166228/45089848

この記事へのトラックバック一覧です: 課題曲3:

» 日本テレビ スッキリ!! [日本テレビ スッキリ!!]
このスッキリ!!のいいところは番組全体が明るいというところですね。もちろんそれはスタジオのセットにしてもそうなんですけれども [続きを読む]

受信: 2009年5月22日 (金) 13時31分

« 専門分野修得研修プログラム打合せ | トップページ | 総会 »