« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月21日 (火)

全青司 司法制度・司法書士制度研究対策部会

19日(日)は、愛知県司法書士会館にて開催された全青司の標記部会に出席してきました。

確か、今年度三回目の部会だったと思いますが、私は今年度初めての出席でした。

この日の部会では、9月に仙台で開催される全青司全国研修会で部会が受け持つ分科会の内容をどのようなものにするのかが主な議題でした。

部会で受け持つ分科会の時間は2時間半ですが、部会で研究しているテーマ「司法書士法改正」をこの時間で如何に内容の濃い充実したものにするかは、非常に難しい課題です。

司法書士法改正の主な論点として日司連があげているものだけでも「司法書士の業務」「司法書士試験、資格取得制度」「登録前修習制度」「会員研修の義務化」「懲戒制度と手続保障の確立」「司法書士法人の設立要件緩和」「司法書士の権利」「司法書士の義務」「司法書士名称の変更」などと多岐にわたっているため、研修会ですべての論点を取り上げることは不可能となります。

部会で議論した結果、大きく3つのテーマを取り上げて、『問題提起→部会の司法書士法改正提言→パネルディスカッション→質疑応答』という流れでの研修を行うことになりました。

9月の研修会開催に向けて各自に宿題が出されて、散会となりました。

夏休み返上で取り組まなければ・・・(汗)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年7月15日 (水)

アドリブ

先日のブログで書いたように、現在の私の課題曲は、ラリー・カールトンの「Room335」です。

で、前半のギターパートの部分は、ほぼマスターできました。難関は、ギターソロの途中で出てくる小さいスウィープピッキングのところです。スウィープピッキングとは、一つの弦を一回しか弾かず、弦を掃くようにピッキングすることです・・・う~ん、文章にするのは難しいですね。

例えば、1弦12フレット・2弦13フレット・3弦14フレットというフレーズをアップピッキングのみで弾くような奏法をスウィープピッキングと言います。

「Room335」のギターソロの途中で、このようなピッキングが連続して出てくるのですが、この部分がかなりの難関でした。

やっと、前半のギターパートを弾けるようになったので、最近はCDを流しながら、キーボードのソロパートに合わせてアドリブの練習をしています。

ギターは、アドリブには適した楽器でして、「Room335」のように途中で転調する曲でもポジションの平行移動をするだけでキーを変えることができるで、私のように音楽理論がほとんど分からない人でも適当に曲に合わせることが出来たりします。

さて、そろそろ、次の課題曲を見つけなければ!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年7月 6日 (月)

ウィンブルドン

5日(日)は、ウィンブルドンの男子決勝をテレビで観戦してました。

77ゲームの大熱戦だった・・・ようです。実は、第4セットが終わったあたりで寝てしまったらしく、気がついたら朝になっていました。

勝者は、スイスのロジャー・フェデラーで2年ぶり6回目の優勝です。素晴らしい記録ですね。

ところで、私はウィンブルドンの時期になると必ず思い出すことがあります。それは、司法書士試験です。

司法書士試験は毎年7月の第1日曜日に行われます。そして、ウィンブルドンは、毎年7月の第1土曜日に女子シングルスの決勝があり、翌日に男子シングルスの決勝があります。

試験前日の土曜日は、やるべきことをすべて終えた気分で夜の11時頃をむかえ、女子の決勝を1時間くらい見るのですが、当然、試験が気になってテニスを見てる気分にはなれずに布団に入ります。翌日は、試験が終わった後なので、ゆっくりと男子決勝を見れるはずなんですが、試験の出来が悪くてテニスを見る気分にならなかったことを思い出します。

私は5回か6回試験を受けていますので、5~6年間はウィンブルドンをゆっくり見れていないということになります。

今では、良い思い出となっているので、ゆっくりとウィンブルドンを見ることができるはずなんですが、決勝を見る度に当時の落ち着かない何とも言えないような気持ちが沸いて来てしまいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »