« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月29日 (月)

課題曲5

課題曲シリーズ、やっと次の課題曲を決めました。

今回はエクストリームの「Cupid's Dead」です。アルバム「III Sides to Every Story」に収録されている曲でして、強烈なリズム感のドラムで始まり、ギターとベースがおもむろに重なってきます。これまでのハードロックにはあまり無かったような曲調で、途中のギターとベースのユニゾンが何ともカッコイイです。

ギターの難易度としては、音数的には中級の上という感じですが、リズム感まで再現することを考えると間違いなく上級レベルです。

ひとまず、1週間でソロの手前まで耳コピしてみましたが、エンディングまでたどり着くでしょうか。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

マイケル・シェンカー

27日(土)の深夜、テレビのチャンネルを適当に回していたら偶然マイケル・シェンカー・グループ(MSG)のライブをやっていました。

今年のライブ映像でしたが、マイケル・シェンカーは、今何歳でしたっけ?

ギターのプレイは全く衰えていません。むしろ余裕を感じさせ円熟味を増していて、メチャクチャカッコいい。

膝にフライングVを挟んで前かがみで演奏するスタイル、改めて見とれてしまいました。やはりロックは良いですね~。

私も、もっとギターの練習しなくては・・・。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年3月18日 (木)

シャキーン ザ ライブ

毎朝7時からNHK教育で「シャキーン」という小学生向けの子供番組をやっているのをご存知でしょうか?

この番組は、子供向けでありながら、内容がシュールなので大人でも十分に楽しめる番組になっています。

で、今朝も子供と一緒に見ていたのですが、今朝はいつもと違い「シャキーン ザ ライブ」という企画になっていました。

いつも番組で流れるオリジナルソングをスタジオライブでやるという企画ですが、このライブが本格的なバンドなんです。

ロックですnote

今日のハイライトは、くるみ割人形に扮したムッシュさんの場面でしょう。ムッシュさんとは、あのかまやつひろし氏です。「歌時計」という曲で、ちょうど3分ぴったりの歌を淡々と歌うのですが、なかなか味がありました。

3/24は19:25から総集編、3/27は24:25から総集編再放送があるようです。ご興味ある方は、是非ご覧下さいsign01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月17日 (水)

供託オンライン申請

先日、弁済供託(休眠抵当)のオンライン申請をやってみました。

手続の流れは、次のとおりでした。

  1. 法務局のオンライン申請システムにログインする(事前登録が必要)
  2. 供託手続を選択し、供託書の内容を入力する
  3. 供託日にオンライン申請システムから申請する
  4. 電子化できない添付書類があれば、供託所の窓口に持参する
  5. オンライン申請システムに納付情報が表示される
  6. インターネットバンキングで供託金を納付する
  7. オンライン申請システムの公文書欄から供託書正本をダウンロードする
  8. 「みなし供託書正本」(申請書情報の送信時にみなし供託書正本の交付又は送付請求欄にチェックするともらえる)を受け取る

以上のような流れですが、定款の電子認証をしたことがあれば比較的スムーズにオンライン申請できるのではないかと思います。

【注意点】休眠抵当の弁済供託の場合、4の供託所に持参する添付書類がある場合は、オンライン申請をした日に供託所に持っていかなければ、供託金が変わってしまうということです。〈オンライン申請(受付)→添付書類到着(受理決定)→供託金納付という流れになるからです〉

オンライン申請の便利な点は、6の供託金納付がネットでできるという点です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

消費者ネットワーク岐阜(仮称)準備会

16日(火)は、岐阜市で消費者ネットワーク岐阜の準備会がありました。

夏頃の設立に向けて毎月会議を重ねております。

この日の会議では、ネットワークで目指すことを共通認識して呼びかけ文書を作成し、設立までの大まかなスケジュールを確認しました。

こうした消費者のネットワークは全国各地に存在しています。消費者ネットワーク岐阜では、先に設立された他県のネットワークを参考にしながら岐阜で実現可能な活動を取捨選択しています。

設立後の活動が実を結ぶことが重要なのですが、ひとまずは設立に向けて頑張っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月15日 (月)

ギターの練習

ギターの練習は、課題曲4であったエクストリームの「CYNICAL」から記事にしていませんが、実は既にエクストリームは一応完了していました。

今年に入ってからは、特定の課題曲はないのですが、ブルースの応用として使えそうなものを練習しています。

まず取り組んだのは、チキンピッキングです。

チキンピッキングとは、通常のピックに併せて中指や薬指でピッキングするやり方を言います。中指などを使うことによって、音色が変わるのはもちろんですが、弦を飛んで音を出しやすくなるため、メロディーラインも幅が広がります。

これまで、チキンピッキングはカントリー系のギタリストが多く使っていましたが、ザック・ワイルドで有名なようにハードロック系のギタリストも使うようになってきています。

で、実際に練習してみると、コツがつかめるまでは少し苦労しましたが、一度コツがつかめると一気にプレイの幅が広がります。音色の方は、低音弦をミュートで弾いて高音弦を中指ではじいてアクセントをつけると良いと思いました。

まだまだ、チキンというよりヒヨコですが、ニワトリに成長できるよう継続して練習してますchick

さて、チキンピッキングに続いて、3月からは裏拍を意識した16ビートのバッキングの練習をしています。目指せ、ファンク系ブルースのマスターsign03

| | コメント (6) | トラックバック (0)

会議ダブルヘッダー

13日(土)は、午前中にクレサラ対協被害者交流集会事務局会議(愛知県司法書士会館)に出席し、午後は岐阜県司法書士会の理事会(岐阜県司法書士会館)に出席しました。

私の場合、同じ日に会議が重なることは、たまにしか無いのですが、こういうときに限って、どちらも重要な議題がある会議なんです。

今回は、被害者交流集会の事務局会議を12時で途中退席させていただき、13時から岐阜県司法書士会の理事会に出席してきました。事務局会議の方は、中途半端な参加になってしまいましたweep

会議の後は、土岐市のNさんと美味しいお酒を飲みに行きましたbottle

Nさんは、司法書士の将来について、市民の視線から考えておられとても示唆に富んだ話をしていただけるので大変勉強になります。

とにもかくにも日々の業務に邁進することが重要だと思いました。

Nさんとの話は、朝まで続きそうでしたが、終電の時間になったので、終電で帰宅しましたtrain

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2010年3月 8日 (月)

岐阜青年司法書士会 定時総会

5日(金)は、岐阜青年司法書士会の定時総会でした。

定時総会の前に例会があり、これにも参加してきました。例会の内容は、昨年の11月1日に行われた全青司の悪質商法被害110番に向けて行われた事前研修会「実務において最低限押さえておきたい聴き取りのポイント」と「事例解説~出会い系サイト事件」のDVD視聴です。講師は、全青司司法アクセス・ADR推進委員会の山田茂樹司法書士でした。いつものとおり分かりやすい講義内容でして、特に主張の優先順位については、普段無意識に頭の中で主張方法を考えているのですが、主張の優先順位の検討方法を整理することができて良かったです。

研修会に続いて、定時総会です。

役員の改選も行われ、新会長として福井大さんが選任されました。

次年度は「青年会らしい活動をしよう」をテーマに研修会、相談会、全国クレサラ被害者交流集会への協力、各種署名活動等への参加、広報、新会員の勧誘、全青司活動への協力、懇親会、レクリエーション、他県の青年会との交流など多岐にわたる事業が計画されています。

私も微力ながら福井大会長の青年会に協力させていただこうと思います。

その後は、例年どおり懇親会でしたが、私はまだ喉の調子が悪いためお酒は飲まずにウーロン茶で我慢しました。

懇親会の席で久しぶりにヴィオラ弾きのNさんとお話しができまして、新しいヴィオラを購入した話が大変興味深かったです。同じ楽器でもギターの購入方法とは違っていまして、購入前に候補のヴィオラを1週間程持ち帰って弾き比べることが出来るとは驚きでした。

また、機会があれば一緒に演奏したいと思いますnote

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年3月 2日 (火)

全青司みえ全国大会(2日目)

28日の午前中は、定時総会でしたが、この日も声があまり出なかったのでおとなしくしていました(もともとおとなしいですが)。

総会では、会場から活発な質疑や意見がありました。新会長に東京の村上美和子氏が就任し、新たな役員も選任されました。

今年度も課題が山積ですが、市民のために常に前進していくことだと思います。私も微力ながら協力させていただこうと思っています。

定時総会の後は、オプショナルツアーのマイカーランです。

マイカーランとは、その名のとおり鈴鹿サーキットをマイカーで走ることができるというものです。

レーシングに興味がある人にはたまらない企画のようですが、F1などを見たことがない私にとっては「せっかくの走れる機会だからサーキット場を走ってみるか」という程度の動機で参加しました。

走る前にスタッフから注意事項があるのですが、「高速道路とは違い、直線の後に急カーブがあるので注意してください。今日は、風も強いので横転にも十分注意してください。午前中にも事故が発生していますので」と言われて、少し緊張してしまいました。

そして、先導カーに続いて順番にコースに入っていきます。スタートラインのところに一旦車を停めて、記念撮影をしました。コースを靴で歩くという体験も新鮮で良かったです。サーキットコースの第一印象は、直線が長いということでした。

100228_143701_4 100228_144202_3

時間になり先導カーに続いて、いよいよ出発です。右へ左へのカーブを曲がってゆっくりと走りますが、途中で黒いタイヤのあとがたくさん付いていたりコースの幅が狭くなっているところがあったりで、ちょっとだけレーサーの気分が味わえました。一カ所ヘアピンカーブがあったのですが、実はそこが有名な130Rというカーブだったということを後で知りました。

そうそう、コースは2周走るのですが、1周終わったところでちゃんとチェッカーフラッグを振っていてくれてうれしかったですmotorsports

とにかく盛りだくさんの全青司みえ全国大会でしたhappy01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

全青司みえ全国大会(1日目)

27日(土)と28日(日)は、全青司みえ全国大会と全青司定時総会に参加してきました。

100228_093402_4  

会場は、鈴鹿サーキットの国際レーシングコースピットビルというところで、窓の外ではレーシングカーがビュンビュンと音を立てて走っています。サーキットに来たのは初めてでしたが、その音とスピードは大迫力でした。

さて、全国大会の簡単な報告です。

基調講演は、スクールウォーズ~泣き虫先生 山口良治氏の「信は力なり」です。

基調講演では、山口先生がラグビーを通じてどのような経験をして、どのようなことを考えていたか、自分の人生の岐路に出会った重要な出来事について話していただき、山口先生のとても熱い心を感じることができました。勇気と信念と覚悟を持ち帰ることができたように思います。

印象に残った言葉は

「『気づき』が大事。目の前にある問題や課題に気づくことが必要」「自分の使命は何か。自分はなにをするためにいるのか」「スポーツにMVPがあるように、我々にもMVPが大事である。つまり、M(ミッション)、V(ビジョン)、P(パッション)」

続いて分科会です。

私は第2分科会の「挑戦~あるべき司法書士像を求めて~」の司会担当でした。

しかし、あいにく前日から喉の調子が悪くて、大変お聞き苦しい司会になってしまい、参加者に申し訳なかったと思います。

分科会の内容は、司法書士法改正について、改正が議論される背景を過去の司法書士法改正の流れを解説したあと、パネルディスカッションで全青司制度委員会で議論している内容を披露しました。参加していただいた皆様に「一緒に司法制度と司法書士制度を考えなければならない」という想いを持ち帰っていただければ幸いに思います。

そして、夜はお楽しみの懇親会です。

久しぶりに会う全国の仲間もいてとても有意義でした。ただ、ここでも喉の調子が悪化してしまい、懇親会後の二次会では全く声がでなくなってしまいました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年3月 1日 (月)

法令調査委員会

26日(金)は、18時から岐阜県司法書士会館で法令調査委員会があり出席してきました。

司法書士による裁判外和解の代理権の範囲に関するさいたま地裁の判決について、検討しました。

さいたま地裁は、司法書士にとってかなり厳しい判断がなされており、司法書士が行っている債務整理の執務に大きな影響を与える内容になっていますが、この裁判は司法書士が当事者となっていないため十分に主張がなされたものなのかどうか・・・。

いずれにしても司法書士法の裁判外和解における代理権の範囲について、引き続き調査研究が必要です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »