« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月28日 (月)

クレサラ被害者交流集会in岐阜 実行委員会

26日(土)は、クレサラ被害者交流集会の実行委員会で岐阜市まで行ってきました。

まずは、11時から長良川国際会議場で集会当日の会場の下見。国際会議場は、司法書士会の研修でよく使う会場ですが、その構造は非常に複雑でして迷路のように入り組んでいます。この日の下見でだいたい会場の動線をチェックすることができました。

続いて、13時から岐阜県弁護士会館で事務局会議です。この日の実行委員会で取り上げる議題について、事前に整理しました。

そして、14時30分からは実行委員会でして、集会の概ねの内容が決まってきました。今後は、細かい事務作業が続くことになります。

最後に、17時30分からこの日のメイン行事である懇親会ですbeer弁護士会館の近くの洋食屋でソーセージやパスタなどを食べながらビールを飲ませていただきまいた。短い時間でしたが、いろいろな立場の人達と話をすることができて充実した時間でした。

懇親会は20時頃に終了して、電車で帰りました。帰りの車内で愛用ポメラを使ってブログの記事作成ですscissors

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月25日 (金)

ジミヘン ヘビーローテーション

最近の車の中は、ジミ・ヘンドリックスの「Are You Experienced」がヘビーローテーションです。

昨日は、岐阜駅のハートフルスクエアGで「消費者ネットワーク岐阜(仮称)設立準備会」があったので、往復の車中で何回も聴けましたhappy01

1967年のアルバムらしいのですが、かっこいいですし、飽きません。絶妙なストラトのトーンがしびれます。

暫くは、車中はジミヘン一色になりそうですcar

あっ、ちなみに家ではジェフ・ベックを聴いてます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年6月10日 (木)

品薄らしい

9日(水)は、四谷で日司連中央研修所研修制度研究部会の会議がありました。

議事は、「平成22年度専門分野修得プログラムについて」「講師依頼チェックシート、講師承諾書の検討」「年次制研修の模擬ディスカッションDVD作成について」「会員研修の手引の編集及び発行について」などでした。

この日の会議で今後の会議やDVD収録の予定が次々と決まってしまいましたcoldsweats01

ところで、先週東京に行った際にお土産として探していた無煙たばこ「ゼロスタイル・ミント」ですが、予想以上の売れ行きのようでして、この日も品切れでした。

ということで、土岐市の司法書士Nさん、今回もリベンジならずでした。暫くは電子タバコで我慢して下さい。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2010年6月 8日 (火)

課題曲6

恒例のギター課題曲シリーズです。

今回は、ついにこの曲ということで、ジェフ・ベックの「Cause We've Ended as Lovers~哀しみの恋人達~」です。

超有名な曲ですので、ギターを弾かない人も知っているかもしれません。初めてこの曲を聴いたのは、たしか高校生の頃だったと記憶していますが、この曲の難しさは年を追うごとに理解するようになり、最近ではとても手を出せない曲だと思っています。

しかし、あえて挑戦です。

この曲の難しいところは、絶妙の間(休符)、歌うようなチョーキングやビブラート、そして曲の表情を彩るギターのトーンを表現するところではないでしょうか。

ギタリストとしては、オリジナル音源の使用ギターが気になりますが、調べてみても分かりませんでした。私の予想では、CDに「ロイ・ブキャナンに捧ぐ」と書かれていることからテレキャスターではないかなと思っています。

ということで、私もテレキャスターで挑戦中です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年6月 7日 (月)

消費者問題学習会

5日(土)は、岐阜市で消費者ネットワーク岐阜(仮称)設立準備会主催の消費者問題学習会がありました。参加者は約80名でして会場はいっぱいになり大盛況でした。

13時30分から始まり、まず基調講演として消費者庁情報課地方協力室の赤井久宣氏から「地方消費者行政の現状と消費者庁の取り組みについて」の講演をしていただきました。

その後、劇団(?)司法書士による「あなたならどうするこんな時」という寸劇をしました。寸劇の内容は、悪質な訪問販売業者に学習教材を買わされてしまうというものです。寸劇では私も中学生の野球少年役で出演させていただきました。

最後にパネルディスカッションがありました。コーディネーターは岐阜大学の大藪千穂氏、パネラーは消費者庁の赤井久宣氏、弁護士の御子柴慎氏、司法書士の富樫悠氏、消費生活相談員の山﨑壽美枝氏です。それぞれのパネラーから普段接している消費者被害の紹介をしていただき、消費者被害救済のためには、被害の掘り起こしや普段からの見守り、そして、行政・相談員・弁護士・司法書士など様々な機関の連携が重要であるということが再確認されました。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2010年6月 3日 (木)

専門分野修得研修プログラム打合せ

2日(水)は、東京の司法書士会館で、専門分野修得研修プログラムの打ち合わせがありました。

今年度、取り上げる予定の成年後見分野について、第1回目の打ち合わせです。

専門分野修得研修プログラムは、今年で5回目ですが、改めて概要を説明しますと、「必読図書の熟読」「DVDによる視聴研修」「課題研修」「グループディスカッション」の4つの研修を体系的に組み合わせたプログラムです。

例年通り、今回も講師の皆様はこの分野で活躍されている第一線の司法書士です。

この日の打ち合わせでは、中央研修所の所員の私から研修プログラムの概要と研修の趣旨を説明して、ご理解いただいた後に今年度の実施に向けて具体的な意見をいただきました。

約3時間の会議でしたが、さすがはベテラン講師の皆様だけあって、研修内容が概ねまとまり、今年度も充実した研修プログラムができる予感です。

来年1月のグループディスカッションに向けて、これから一丸となって頑張って行きます。

ところで、東京出張ということで土岐市のN先生から頼まれていた東京限定販売のお土産(ゼロスタイル・ミントnosmoking)を東京駅構内のキオスクで聞いて回りましたが、どこも売り切れでした。

ということで、来週の東京出張の際には四谷駅付近で探してみますので、N先生、もうしばらくお待ちください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »