« 消費者問題学習会 | トップページ | 品薄らしい »

2010年6月 8日 (火)

課題曲6

恒例のギター課題曲シリーズです。

今回は、ついにこの曲ということで、ジェフ・ベックの「Cause We've Ended as Lovers~哀しみの恋人達~」です。

超有名な曲ですので、ギターを弾かない人も知っているかもしれません。初めてこの曲を聴いたのは、たしか高校生の頃だったと記憶していますが、この曲の難しさは年を追うごとに理解するようになり、最近ではとても手を出せない曲だと思っています。

しかし、あえて挑戦です。

この曲の難しいところは、絶妙の間(休符)、歌うようなチョーキングやビブラート、そして曲の表情を彩るギターのトーンを表現するところではないでしょうか。

ギタリストとしては、オリジナル音源の使用ギターが気になりますが、調べてみても分かりませんでした。私の予想では、CDに「ロイ・ブキャナンに捧ぐ」と書かれていることからテレキャスターではないかなと思っています。

ということで、私もテレキャスターで挑戦中です。

|

« 消費者問題学習会 | トップページ | 品薄らしい »

コメント

懐かしい曲ですね。個人的にはB’zの松本が弾いているカバーの方が耳なじみがありますねwink

ギターは・・・
「哀しみの恋人達」では、セイモア・ダンカンが組んだ、ギブソンのダブルコイル・ピックアップを2基搭載したテレキャスター(通称「テレギブ」)を使用していた。

・・・そうです。

投稿: つっちー | 2010年6月 8日 (火) 15時17分

ギタリストのつっちーさん、こんにちは。

B'zバージョンも聴いたことありますよ。かなり忠実にコピーしていたと思います。

へぇ~。テレギブなんて知りませんでした。でも、やっぱりテレキャスだったんですね。

投稿: 小司隆信 | 2010年6月 8日 (火) 15時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166228/48574034

この記事へのトラックバック一覧です: 課題曲6:

« 消費者問題学習会 | トップページ | 品薄らしい »