« 専門分野修得プログラム(成年後見分野) 打合わせ | トップページ | 配属研修 »

2010年12月17日 (金)

多角文字

そういえば、最近は多角文字を見ることが少なくなりました。

以前、登記申請書が縦書きだった頃は、数字はすべて多角文字(壱、弐、参、拾)で記載していましたが、横書きになってから、多角文字でなくてもよくなり、ほとんど多角文字を書くことがなくなりましたpencil

受験時代は、書式の勉強で最初にこの多角文字を覚えたことが懐かしいです。

確か、読み間違いや偽造を防ぐために多角文字を使用していると教えてもらったような気がします。

|

« 専門分野修得プログラム(成年後見分野) 打合わせ | トップページ | 配属研修 »

コメント

小司さんこんばんは。

確かに多角文字書くこと少なくなりましたね。
壱、弐、参、拾でしたね。
申請書ではないですが伍、陌、阡、萬、圓なんかもありましたね。

妙に懐かしいです。

投稿: うりぼう | 2010年12月23日 (木) 21時03分

うりぼうさん、おはようございます。

多角文字、懐かしいでしょ?
まだまだ、見る機会は多いですが、書かなくなりましたよね。

投稿: 小司隆信 | 2010年12月24日 (金) 09時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166228/50323328

この記事へのトラックバック一覧です: 多角文字:

« 専門分野修得プログラム(成年後見分野) 打合わせ | トップページ | 配属研修 »