« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月30日 (木)

Perfect Blues Collection

アマゾンで「Perfect Blues Collection」というボックスセットを発見。

アマゾンでのジャンルでブルース・カントリーのBOXセット、売れている順で現在№1sign01

中身の詳細は分かりませんが、約6000円で25枚組、BOXに載っている写真や在庫切れの人気から購入して間違いないだろうと思って衝動買いしましたhappy01

入荷及び配達予定は、7月中旬から8月上旬とのことです。

楽しみhappy02

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年6月27日 (月)

東濃支部研修

25日(土)は、岐阜県司法書士会東濃支部研修に参加しました。

研修テーマは「法律相談」です。

前半は、前支部長のYさんと現会計のYさんの名コンビで総論の講義をしていただき、その後、約20分のDVDを見ました。DVDは、相談の良い例と悪い例を対比したものでした。

後半は、15名ほどのグループに分かれてバズセッションです。

バズセッションとは、グループのリーダーと記録係を決めて、テーマについて自由に討論をしてもらい、グループの見解をまとめたうえで全体で発表するというものです。本来は5~6人で行うようですが、会場の関係で仕方がないでしょう。

私は、突然グループリーダーに指名され、勝手が分からないまま進行しました。幸い私のグループでは、皆さんから活発に発言していただけたので盛り上がりましたが、リーダーの力量不足でまとめるというところまで行きませんでした。

でも、良い経験をさせていただけたので感謝ですhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本司法書士会連合会総会

23日(木)と24日(金)は、京都で開催された標記総会に出席しました。

日司連総会は、代議員制を採っていまして、岐阜県からは会長と4名の代議員の合計5名が出席しました。岐阜県司法書士会には、会員が約350名います。つまり、5名は350名の代議員としての自覚が必要でして、これだけでも少しプレッシャーを感じてしまいます。

さて、代議員になると、分厚い総会資料が事前に送られてきますので、これを熟読しておく必要があります。そして、議案に対して疑問があれば「質疑通告」、修正したい議案があれば「修正動議」、新たに提出したい議案があれば「議案通告」、議案に対して反対意見を述べたければ「討論通告」、反対意見が出された議案に対して賛成意見を述べたければその旨の「討論通告」をする必要があります。

最終的に提出された議案は38本あり、これに対する質疑も相当数ありました。議長団と総会運営事務局は、これをテキパキと進行していく必要がありますので、相当の準備が必要だったのではないかと思います。

このブログでは、議案の採否や選挙結果については省略して、出席した感想を述べておきます。

私は、今回が初めての日司連総会でした。全国約2万人の司法書士のうち279名が総会組織員になっており、会場では、予め座る席が決まっています。もちろん、欠席者はほとんどありません。

緊張するかなと思いましたが、他県の知っている人も大勢いたためか、まったく緊張しませんでした。しかし、議案が進むにつれて、会場から「異議あり!」や「議事進行!」などの発言があり、独特の雰囲気に圧倒されました。

この2日間、出席者の全員が司法書士制度のことを真剣に議論し、真剣に判断したことは間違いない事実です。私も、提案された議案、それに対する質問、反対討論、賛成討論をよく聞いて、司法書士制度のために賛成するのが良いのか反対するのが良いのかを自分なりに真剣に考えて判断しました。そのため、ほとんど座っていたにもかかわらず、2日間の日程が終了したときは、かなりの疲労を感じました。

今回の総会は、第74回です。過去73回もこのような司法書士制度の議論がなされたうえに今の司法書士制度があるのだということを痛感した2日間でした。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年6月20日 (月)

岐阜県司法書士会理事会

18日(土)は、岐阜県司法書士会の理事会があり、出席してきました。

総会後、初の理事会ということで、自己紹介の後、各種報告、業務分掌の承認、今年度の事業推進について協議しました。

業務分掌では、私は研修部長ということで承認されました。任期は2年間ですのでやれることは限られていますが、会員のため、市民のために精一杯頑張ろうと思います。

研修部長としての最初の仕事は、この日の理事会での「今年度の事業推進について」の報告などでした。

今後、研修部会を開催して研修事業の具体化をしていくことになります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年6月13日 (月)

震災対応研修会

11日(土)は、大垣市の情報工房で震災対応研修会がありました。

講師は福岡県司法書士会の稲員敬三先生と兵庫県司法書士会の安田捷先生でした。

まず、稲員先生から「司法書士の相談業務による被災者支援」の講義をしていただきました。相談技法についてや震災被災者の心理などを話していただきました。90分しか時間がなく、少々時間が足りないように感じましたが、自分の相談姿勢を反省することができました。

次に、安田先生から具体的な相談事例を挙げて、震災被災者の相談における特徴を講義していただきました。賃貸借関係や相隣関係の相談は、相談者も相手方も被災者であるので、法律問題の側面だけからのアプローチでは本当の解決にならないということでした。ゆくゆくはADRの活用場面があるかもしれないと思いました。

その後、岐阜県司法書士会会員からの活動報告として、岐阜支部の成田純一先生から被災地に足を運んで相談をされたことの報告をしていただきました。

一人ひとりの司法書士が、この問題について「司法書士としてできることは何か」を考え、行動する必要があると感じた研修会でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 6日 (月)

涙・・・巻

3日(金)、隣町の回転寿司に行って来ました。

妻が研修旅行で夕飯が子供と二人だったので、手軽に済ませようと思ったのです。

お茶を飲みながら適当に注文して「そろそろ満足してきたな~」と思った頃、メニューに「涙巻き」というものを発見eyeそういえば司法書士のNさんが「この寿司屋に来たら頼んでみると良いよ」と言っていたのは涙巻きだったかな?

何を巻いているのか読んでみると、茎わさびの巻物だそうな。

面白そうだったので、締めの一品にと思い一皿注文しました。

出てきたお皿には、キュウリ巻きよりも一回り細い巻物が4つ乗っています。お皿を受け取るときに店員さんが「気をつけて下さいね」と言っていたのが印象的です。

子供が手を出さないように私の手元において、一つ口に入れてみました。

すぐにツーンと鼻に抜ける感覚が来て、ジワジワと涙が溢れてきましたcryingむせ返るのを我慢するのに必死でした。

たまらずお茶で流し込んで、一つ目はクリアです・・・。しかし、あと3つsad

2つ目は、大量のガリと一緒に口に入れて何とかクリアcrying

残りの二つは、マヨネーズで中和しようとサーモンを頼んで、サーモンと一緒に食べましたwobbly

芸人の罰ゲームになりそうなネタでしたが、時間が経つともう一度食べたくなるような不思議な寿司でした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »