« 涙・・・巻 | トップページ | 岐阜県司法書士会理事会 »

2011年6月13日 (月)

震災対応研修会

11日(土)は、大垣市の情報工房で震災対応研修会がありました。

講師は福岡県司法書士会の稲員敬三先生と兵庫県司法書士会の安田捷先生でした。

まず、稲員先生から「司法書士の相談業務による被災者支援」の講義をしていただきました。相談技法についてや震災被災者の心理などを話していただきました。90分しか時間がなく、少々時間が足りないように感じましたが、自分の相談姿勢を反省することができました。

次に、安田先生から具体的な相談事例を挙げて、震災被災者の相談における特徴を講義していただきました。賃貸借関係や相隣関係の相談は、相談者も相手方も被災者であるので、法律問題の側面だけからのアプローチでは本当の解決にならないということでした。ゆくゆくはADRの活用場面があるかもしれないと思いました。

その後、岐阜県司法書士会会員からの活動報告として、岐阜支部の成田純一先生から被災地に足を運んで相談をされたことの報告をしていただきました。

一人ひとりの司法書士が、この問題について「司法書士としてできることは何か」を考え、行動する必要があると感じた研修会でした。

|

« 涙・・・巻 | トップページ | 岐阜県司法書士会理事会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166228/51931539

この記事へのトラックバック一覧です: 震災対応研修会:

« 涙・・・巻 | トップページ | 岐阜県司法書士会理事会 »