« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月19日 (月)

豚汁旨い!

17日(土)の研修会を終えて家に帰ってくると、大きな鍋で大量の豚汁を作っていました。

お世話になっている学童保育が、翌日の瑞浪バサラカーニバルに豚汁屋を出展するため、各家庭で豚汁を作って持ち寄ることになっていたのです。

帰ってから1時間ほどすると完成したようで、家族揃って味見です。
一口食べての感想は「なぜかいつもの豚汁よりも美味しい」と思いました。大量に作るほうが美味しく出来るのでしょうか?
おかわりしたいところでしたが、あまり量を減らしてはいけないと思い、1杯にしておきました。

翌日の18日(日)は、妻が店番をしている時間に子供と行って、2杯買いました。バサラカーニバルの参加者の踊りを見ながら美味しくいただけましたscissors

| | コメント (2) | トラックバック (0)

企画部主催の研修会

17日(土)は、岐阜県司法書士会企画部の主催で「登記・供託オンライン申請システム研修会」がありました。

企画部の主催なのですが企画部の人数が少ないため、研修部長(私)と研修副部長が会場設営と受付のお手伝いです。

今回の研修ですが、オンライン申請をやっている会員にとっては難しい内容ではなかったと思います。しかし、実務に直結する研修であったため約80名の会員に参加していただけましたhappy01

私も、この研修で来年1月から変更される登記・供託オンライン申請システムの使い方や手続の流れは理解できましたが、未だに電子認証の仕組みは良く分からずにいますcoldsweats01(電子認証のやり方は分かりますよ)

一番影響がありそうなのが年明け直後の定款認証ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月12日 (月)

岐阜県司法書士会新人研修

10日(土)は、岐阜県司法書士会の新人研修がありました。

私は、新人ではありませんが、研修部ですので主催者側として参加しました。

今年度は、合格者の皆様全員に出席していただくことができて主催者としては嬉しかったですhappy01

講師は、司法書士会の会長、副会長、経理部長、研修部長、研修副部長、事務局長の6名が務めました。
講師の皆様には、これから司法書士として活躍される新人の方々に伝えたい想いがたくさんあったと思いますが、4時間の講義時間を6人で分担するので、一人の持ち時間は約30分しかありませんでした。

一人30分ずつでしたが、それぞれの想いが新人にひびいているだろうと思っています。

受講された新人の皆様は、これから中央新人研修、ブロック新人研修、特別研修、配属研修と研修の日々が続くことになりますので、体調を崩さぬよう充分に気をつけていただきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 9日 (金)

岐阜県司法書士会 執行部会

8日(木)は、岐阜県司法書士会の執行部会がありました。

今回の執行部会は、終了後に忘年会がありましたので、会議終了時間は厳守です。協議しなければならない議案を先に集中して協議して、報告事項は余った時間で行なうという進め方で時間どおりに終了しました。

忘年会は、岐阜市内にあるスペイン・地中海料理を中心としたオシャレなお店で行ないました。
料理は、生ハムやマッシュルーム(?)のニンニクオイル焼きやスペインオムレツなど、ビールやワインに合う食べ物ばかりで美味しかったです。
飲み物もマイナス二℃で抽出されるエクストラ・コールド・ビールをはじめ、ワイン、カクテル、ウイスキーと迷ってしまうぐらいたくさんありました。

しかし、この日も車だったためノンアルコールのトニックウォーターを飲みながら料理と会話を楽しみましたhappy01

執行部会もたまにはこのような息抜きができるので良いですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年12月 5日 (月)

岐阜青年司法書士会忘年会

3日(土)は、岐阜青年司法書士会の忘年会(成年後見センター・リーガルサポート岐阜県支部との合同忘年会)がありました。

この日は、午前10時から午後5時まで青年会主催の「合格者対象実務研修会」も行われていまして、この研修会に参加されていた今年の合格者の方々も忘年会に参加していました。

参加者は約30人ほどでしたので、全員と話をすることは出来ませんでしたが、多くの人と交流ができて良かったです。

今年は、東濃方面に帰る人が4人もいたので、帰りの電車も寂しくなくてよかったです。
しかも、私以外は全員JR太多線(ワンマン電車)の沿線だったため、岐阜駅から美濃太田経由で、「正しい太多線の乗車の仕方」を教えてもらいながら帰りました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »