« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月31日 (火)

スタジオ練習!

30日(月)の夜は、バンドのスタジオ練習でした。

演奏は、かなりまとまってきましたが、課題は歌です。

歌だけに集中してもまともに歌えないのに、ギターの演奏をしながらになるので、全く満足な出来にはなりませんweep

でも、この日の練習では、リードギターは結構いけたのではないかと思います。

帰ってから録音したものを聞くのを楽しみにしていたのですが、なんとレコーダーの電池が途中で切れてしまって、リードギターに行く前にプツッと切れていましたshock

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月30日 (月)

子どもの行事

先週末は、子どもの行事が盛りだくさんでした。運悪く、妻の仕事が重なってしまったため、私がすべて付き合うことに…。

28日(土)は、9時からピアノ教室に行って、その後は学童クラブのバーベキュー大会。学童クラブは、私が役員をしていますので、準備から参加です。

バーベキューが終わってからは、地区の夏祭りに参加です。子どもは、かき氷や綿あめを食べて楽しんでました。

夏祭りの後は、体操教室に連れて行って、体操をしている間に家に戻って夕食の準備でした。体操教室が終わってからは、買い忘れた牛乳を買って帰りましたcoldsweats01

29日(日)は、午前中に荒れ果てていた芝生の芝刈りをして、午後からは子どもを連れてプールに行きました。

2日間ですっかり日焼けしてしまいましたsun

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月23日 (月)

第一回会員研修会

21日(土)は、ワークプラザ岐阜にて岐阜県司法書士会の第一回研修会があり、研修部長として主催者側で参加しました。

今回の研修テーマは「募集株式、自己株式、種類株式の実務」でして、講師は東京司法書士会の金子登志雄先生にお願いしました。

金子先生は、以前にも岐阜県司法書士会の研修講師をしてくださったこともありますし、他会でも数多くの講師をなさっているので、研修内容については、全く心配がありませんでした。
受講者は150名以上集まって、実務に即した内容の講義であり、有意義な研修会を実施することができました。

ただ、今回の研修会は岐阜県司法書士会として初の試みである「ライブ中継」を行いましたので、中継がうまくできるかどうかが研修が終了するまで心配の種でした。

ライブ中継研修とは、インターネット上にあるweb会議システムを通じて映像と音声を送るものでして、今回は岐阜市と高山市とを中継でむすびました。

岐阜会場と高山会場にそれぞれノートパソコン、カメラ、プロジェクター、マイク、スピーカーをセッティングするため研修開始の3時間前に集合して準備しました。一番苦労する点は音声でして、2つの会場を双方向でやりとりできるようにすると、スピーカーから出てくる音声をマイクが拾ってしまうとエコーがかかったりハウリングを起こしたりするのです。そのため、エコーキャンセラーという機械を入れて音声の調整を行う必要があるというのです。

研修の最後には、高山会場から岐阜会場にいる金子先生に質問もあったりして、双方向のライブ中継はトラブル無くできました。

ライブ中継のシステムに関しては、今回愛知県司法書士会からも視察にみえてましたので、将来は単位会をまたいでライブ中継ができると良いなと思っています。

| | コメント (8) | トラックバック (1)

2012年7月 9日 (月)

全青司中部ブロック研修会

7月7日(土)と8日(日)は、岐阜市で全青司中部ブロック研修会があり、参加してきました。

岐阜で開催されるのは、私が岐阜青年司法書士会の会長をやっていた平成18年依頼でして、6年も経つと顔ぶれもずいぶんと変わるものです。今回の研修会は入会年度の若い会員を中心に講師を務めていて、充実した研修を実施していました。

参加者は、約100名でしたが、こちらも顔ぶれが変わっていて、私より登録年度が古い会員を探すほうが大変でしたcoldsweats01

7日は研修会後に懇親会が行われ、私は余興の時間にギターとベースの演奏を披露させていただきました。演奏の主役は、ヴァイオリンのN司法書士でして、ピアノのK司法書士と共にヴァイオリンを引き立てる演奏を心がけました。演奏は、まぁまぁの出来でしたが、何よりも楽しく演奏できたのが良かったですscissors

2日間、楽しく研修会に参加させていただきました。

やはり、青年会は良いですねhappy01

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年7月 2日 (月)

日司連総会

6月28日(木)と29日(金)は、千葉県の舞浜で日司連総会がありました。

私は、代議員として出席してきました。

昨年は、東日本大震災の関係で会場が京都でしたが、今年はディズニーランドの近くのホテルでした(ホテルの部屋からは、ディズニーランドのアトラクションが見えました)。

さて、日司連総会ですが、代議員制を採っており、各司法書士会の会長と代議員の合計283名が組織員となっています。

会員数が約350名の岐阜県司法書士会からは、会長のほか代議員4名が組織員として参加しています。単純計算すると1票には岐阜県司法書士会の70名分の重みがあるということになります。

2日間、司法書士制度について真剣に議論をして、最後に各議案の採決を行いますが、採決にあたっては代議員としての重みを感じながら議案に対して賛成か反対の票を投じます。

今回の議案の中で最も頭を悩ませたのは、「市民救援基金特別会計特別会費創設のための連合会会則一部改正承認の件」でした。震災対応のために5年間の期限付きで特別会費を徴収するというものです。各司法書士会員の会費が増額される可能性のある議案だけに、特別会費創設の目的、徴収する金額と期限の妥当性をじっくりと検討したうえで票を投じました。

この議案は、223票の賛成で可決されました。

全部で約30本の議案がありましたが、会期日程内に終了しました。これだけ真剣な総会だと、議長をはじめ議事運営にかかわっている方たちの努力は相当なものだと思います。本当にお疲れ様でした。

私の代議員としての任期は、今年で切れますので来年は参加できるかどうか分かりませんが、今後も日司連総会における真剣な議論は続いていくことになります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »