« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月26日 (火)

初ライブ決定!

一昨年結成したバンドの初ライブが決定しました。

月1回程度のペースでスタジオ練習を重ねて約1年3ヶ月、ようやくライブをすることになりました。

ライブの詳細です。
日時 3月17日(日) Open 18:00 Start 18:30
場所 ライブハウスウインク(岐阜県可児市中恵土1668-1)
出演バンド Paleman's Works , FunFun , SNOTTS(←我々のバンドです)

バンド名が無いまま練習していたのですが、ライブの際にバンド名を決めなければいけなくなり、急遽メンバーのイニシャルの組み合わせで作ってしまいました。「スノッツ」と読んでくださいcoldsweats01

今回のライブでは、クリームやジミ・ヘンドリックスなどのブルースロックを中心としたコピー曲をやります。

興味のある方は、ご連絡下さいmail
takanobu-shoji@nifty.com

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月25日 (月)

岐阜県学童保育研究集会

24日(日)は、多治見市笠原町で第16回岐阜県学童保育研究集会がありました。

次年度も学童クラブの役員になりそうな私は、2年続けての参加です。

今回は午前中に地元自治会の役員選考と重なってしまったため、午後からの参加です。

午後の部のメインは、立命館大学文学部教育人間学専攻教授であられる春日井敏之先生の講演です。

「愛されて育てられるということ-子どもの居場所と子育て」という題目で約90分の講演でした。

講演は、「子どもの危機に際して-3つの原点を大切に」ということからお話が始まりました。

3つの原点とは
・「いのちより大切なものはない」ことの再確認
・「見返りを求めない愛」を注ぐこと
・「どんな時もあなたの味方」というメッセージを伝えること

「子ども危機は、成長のチャンスである」ということを3つの原点に基づいて実例を紹介しながら、講義が始まりました。

90分間休憩無しの講義でしたが、笑いあり、気づきあり、涙あり、感動ありの凝縮した時間を過ごすことができました。

子育ての気づきが色々とありましたが、印象に残っているのは、「子どもが努力して何かを成し遂げたときに、親としてどのように声をかけるか?」という問いかけです。
会場から最初に挙がったのは「良く頑張ったね」でした。
先生から「その次に何と声かけますか?」と問いかけ。
「・・・・」なかなか会場から声が挙がりません。
先生からのヒントで「お疲れ様」「ご苦労様」というねぎらいの言葉が出てきました。
先生から「その次は?」と問いかけ。
「・・・・」これもなかなか声が挙がりません。
先生から「私(親)は、嬉しかったよ。」などの親の想いを伝えると教えていただきました。
更に先生から「では、その次は?」と問いかけ。
先生から「頑張ったから、一息つこうか。」という休息が大事だと教えていただきました。

子どもは「認めてほしい」という願いを持っている。「ほめる」「頼る」「励ます」「ねぎらう」「赦す」「守る」ということから能力や存在を認めることが大事だそうです。

その他にも多くのことを学び、多くのヒントを得ることをできました。

自分を育ててくれた両親にかけてもらった言葉を想い起したり、自分と子どもとの会話を想い起したりしながら受講していましたが、多くの反省の中で自分が発展途上であることを再認識できたことに何故か勇気が湧いてきました。

自分もまだまだ成長過程、これからでも出来ることが多くあるのだという前向きな気持ちになれたことが良かったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自治会、管理組合の役員候補選出

24日(日)は、地元自治会と管理組合の役員候補の選出がありました。

各班から2名の役員候補者が集まって、会長、副会長、会計など合計12個の役職の候補者を選出します。

各班から合計で17名集まりましたので、5名が補欠となります。

選出方法について話し合った結果、あみだくじで選出することになりました。

一人ずつあみだくじに自分の名前を書き入れて行って、結果発表を待ちますheart02

結果、私は自治会の副会長(任期1年)ということになりましたcoldsweats01

学童クラブに続いてダブルで副会長になってしまいましたsweat01

微力ですが、頑張ろうと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

岐阜県司法書士会 東濃支部研修会

23日(土)は、司法書士会の東濃支部研修会がありました。

研修会の内容は、次のとおりでした。
第1部 意思能力~高齢化社会への対応~
第2部 事件の受託拒否と正当事由について
第3部 事例発表~初めて受任する事件のコツ~
     報告1 宗教法人の合併
     報告2 敷地権の抹消と設定の登記
     報告3 失踪宣告の取消
     報告4 法人住民税の均等割額を下げるための減資
     報告5 合資会社の有限責任社員の持分譲渡

かなり盛りだくさんの内容でしたが、講師はすべて支部会員が務めました。

とても充実した内容で良い研修会でした。資料も充実していて、後から使えそうなものが多くありました。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2013年2月23日 (土)

あひる学童クラブ 保護者会

22日(金)は、子供がお世話になっているあひる学童クラブの保護者会がありました。

1年間会長を務めさせていただきましたが、会長として最後の保護者会です。

保護者会では、1年間の行事報告、次年度役員候補者の承認、規約改定案の承認、卒所式などの案内、最近の学童の様子の報告などを行いました。

会長として最も気をつかった議案は「規約改定案の承認」でして、保育料等の変更が含まれていたため色々な意見が出ないか心配していました。指導員のフォローのおかげもあり、出席された保護者の方々の理解は得られたようでしたcoldsweats01

これで会長としての仕事は、卒所式と次年度役員への引き継ぎですが、実は次年度の副会長候補に選任されてしまいました。

ということで、もう1年、微力ながら学童クラブのために力を注ぎます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月18日 (月)

岐阜県司法書士会会員研修会

16日(土)は、岐阜県司法書士会の第4回会員研修会がありました。

今年度最後の集合研修でして、テーマは「法律扶助」「震災法律援助」「原発ADR」です。

講師の先生は、日本司法書士会連合会理事の和田博恭先生と福島県司法書士会の鵜沼孝先生です。

いずれのテーマも司法書士制度を考えるうえで非常に重要な内容でありまして、今回の講義を聴いて、改めて司法書士全体が一丸となって取り組むべき課題だと感じました。

さて、今年度研修部長の私は、この日の研修会が部長としてかかわる最後の集合研修になります。

今年度は、研修会のライブ中継という新たな取り組みをいたしましたが、準備の段階から実施にいたるまで多くのことを勉強させていただきました。

まだまだ改善すべき課題もあると認識しています。

ライブ中継を行うことについては、賛成意見が多いようですので、スムーズに中継ができるように次年度の研修部に引き継いでいきたいと思っています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年2月 8日 (金)

岐阜県中堅民生委員児童委員研修会

7日(木)は、恵那峡グランドホテルで開催された岐阜県中堅民生委員児童委員研修会に行ってきました。

「高齢者の消費者被害」というテーマで私が所属している消費者ネットワーク岐阜に講師派遣依頼があったものです。

私は、東濃地区への派遣講師を担当させていただきました。

時間は、約30分でしたので、代表的な手口や最近の被害事例を紹介して、被害防止のための注意点や被害にあった方からの聴き取りにおける注意点を説明させていただきました。

時間配分がうまくできなかったことが反省点ですが、皆様が関心を持って聴いてくださったので良かったと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年2月 4日 (月)

13日に瑞浪市夜間無料相談会を行ないます。

岐阜県司法書士会東濃支部では、夜間無料相談会を行なっています。

従来からの下記(1)の司法書士総合相談センターに加え、各市との連携による下記(2)の夜間無料法律相談を開催しております。

            記(1)
毎月第1木曜日(18:30~20:30) 多治見まなびパーク
   第3木曜日(19:00~21:00) 中津川にぎわいプラザ

            記(2)
毎月第1金曜日(18:00~20:00) 恵那市中公民館
毎月第2水曜日(18:00~20:00) 瑞浪市中央公民館
毎月第2金曜日(18:00~20:00) 土岐市文化プラザ

「昼間は時間が無くて」という方は是非ご活用ください。

Poster_2

| | コメント (0) | トラックバック (1)

百人一首大会

3日(日)は、子供が参加申込をした瑞浪市図書館主催の百人一首大会を見に行きました。

小学校1年生から一般まで部門がわかれていて、うちの子は小学校1年・2年部門にエントリーです。

参加人数は、思っていたより多くて、小学校1年・2年部門は、21名もいました。

レベルも思っていたよりハイレベルで、上位入賞する子は、ほぼ100首は暗記しているであろう実力でした。

競技は、予選として5名程度のグループに分かれての「ちらし取り」を2回行い、取り札の多かった上位2名が優勝をかけての「源平合戦」、上位3位と4位の2名が3位決定戦の「源平合戦」を行ないました。

うちの子は、予選で健闘して運よく予選を4位で通過しました。

決勝の源平合戦は、いわゆる競技かるたのルールで行いました。
   ↓
【ルール】
まず百人一首の100枚の札を裏向けにしてよく混ぜます。互いに25枚ずつ取り、自分の陣地(自陣)に三段に分けて並べます。残りの50枚は箱にしまって競技には使用しません。しかし、読み手は100枚の札を読むので、使わない札は空札となります。
自陣の札を取ったら一枚減り、敵陣の札を取ったら相手に札を一枚送って自陣の札を一枚減らします。自陣の札はお手つきしてもペナルティーがありません。
そして、自陣の札を早くゼロにした方が勝ちとなります。

この決勝戦は、結構見応えがあって見ている方も力が入ります。

ポイントは、敵陣の札を取った際に、相手にどの札を送るかという点です。後で子供に尋ねたら「取る自信がある札を送ったよ」と言っていたので、一応子供なりに作戦を考えていたようです。
その他にも自陣の札をどのように並べるかもポイントになるかと思いますが、これについては、あまり考えていなかったようです。

さて、勝負の結果ですが、うちの子の3位決定戦は、非常に珍しい「引き分け」となりました。

札を順番に取っていけば引き分けはあり得ないのですが、最後にそれぞれ1枚ずつ札が残りましたので、空札と間違えて取り損なったようです。

すべての参加者が楽しそうに百人一首をやっていたのが何より良かったと思いますhappy01

来年も参加できたらいいなと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4学童連絡協議会

2日(土)は、瑞浪市の4学童連絡協議会がありました。

4学童連絡協議会とは、瑞浪市にある4つの学童クラブが「クラブの安定した運営」を目的として情報交換や交流をしているものです。

この日は、今年度最後の会議でして、各学童クラブの現状報告をしてから、1年間を振り返っての反省と今後に向けての意見交換をしました。

会議の中では、今後に向けて様々な意見が出されましたので、来年度も試行錯誤しながら少しずつ成長していけると良いと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »