« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月26日 (木)

新メンバー

ドラムの諸事情でなかなか練習ができず、暫く活動を休止していたバンドですが、新メンバーで再開することになりましたhappy01

25日は、新メンバーで初のスタジオ練習でした。
 
ひとまず、3~4曲を試してみました。
久しぶりで録音するのをすっかり忘れていましたが、初めてにしては良い出来だったと思いますcoldsweats01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年2月23日 (月)

東濃支部 研修会

21日(土)は、岐阜県司法書士会東濃支部の研修会がありました。

今年度最後の支部研修会です。
 
今回は、3部構成で第1部が「不動産強制執行」、第2部が「相続人一人における遺産分割決定書による登記」、第3部が「商業登記規則改正など最近の法改正」でした。
 
私は、久しぶりに講師を務めることになり、第2部の「相続人一人における遺産分割決定書による登記」を担当しました。
 
これまでの実務の取扱いと平成26年3月13日東京地裁の判決の内容を説明し、今後の実務への影響について全員で検討しました。会員から多くの意見が出て自分の勉強にもなりましたhappy01
 
次の土曜日は、本会の研修会を受講しますscissors

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年2月18日 (水)

東濃支部研修部会

17日(火)の夜は、PTAの来年度に向けた打ち合わせをしてから、司法書士会東濃支部の研修部会に参加しました。

議題は、21日(土)に実施する支部研修会の最終打ち合わせです。
 
研修会でも取り上げますが、数次相続の判例とその後の登記実務への影響について、意見交換をしました。
研修会本番でも会員から多くの意見が出ることを期待していますhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月16日 (月)

授業参観日

14日(土)は、小学校の授業参観でした。

私は、PTAの役割で交通整理係です。かなり寒かったですが、雨や雪が降らなくて良かったです。
 
我が家の子どもは、4年生で授業では2分の1成人式ということで「5年生に向けての決意」や「将来の夢」を発表していました。
 
この10年間で私はほとんど成長していませんが(むしろ衰えたcoldsweats01)、子ども達は大きく成長していることを実感できましたhappy01
 
これで今年度の学校行事は概ね終了です。
今年度は、残り1ヶ月程ですので、子どもにとってステップアップの準備期間にできれば良いと思っています。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年2月10日 (火)

朝から大惨事

今朝は、昨晩からの雪が積もっていたため、いつもより早めに起きて少し雪かきをしましたscissors

雪かきを終えてからも時間に余裕があったので、優雅にコーヒーを飲んで温まることにしましたcafe
 
湯を沸かして、コーヒーカップにドリッパーをセット。
湯が沸いてから少しずつドリップしていきますnote
 
 
しかし・・・
 
 
半分くらいまで来たところで、ポットの底がドリッパーの縁に引っ掛かり、豆ごとコーヒーをぶちまけてしまいましたshock
 
被害は床にまで及んでしまい、直系約30センチの範囲にコーヒーとコーヒー豆が…。
結局、コーヒーは飲めずに拭き掃除をすることになってしまいましたcrying

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年2月 9日 (月)

連日PTA

先週は、PTAの会議などが多かったです。

4日(水)は、本部役員会と常任委員会でした。新旧の支部長に集まっていただいて、今年度の事業報告と次年度の予定などを協議しました。
 
6日(金)は、三校連絡会がありました。ここでも今年度の事業報告と次年度の打ち合わせをしました。
 
7日(土)は、瑞浪市PTA連合会の教育研究大会でした。2校のPTA活動の報告と幸島美智子氏の講演を聞きました。
 
また、7日(土)の夜は、少年指導員の声掛け活動をしました。
 
今年度のPTA活動は、ほぼ終わりましたが、これから来年度に向けて準備をしていく必要がありますhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月 3日 (火)

戸籍の高齢者消除

相続登記の依頼で戸籍を読む機会が多いですが、最近、高齢者消除になっている戸籍を目にしました。

戸籍の記載は「高齢者につき死亡と認定平成○年○月○日許可同月○日除籍」となっています。
 
この高齢者消除とは、所在不明の高齢者について、管轄法務局の長の許可により戸籍を消除するものです。
 
戸籍には「死亡と認定」と表示されますが、戸籍上の処理がされただけですので、相続は発生しません。
 
登記先例でも「戸籍上高齢者抹消の処理がされただけでは、相続登記はできない。(昭32.12.27、民事三発第1,384号民事局第三課長事務代理回答・登研123号34頁)」というものがあります。
 
相続をするためには、失踪宣告を受ける必要があるようです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »