« PTA奉仕作業 | トップページ | 世界陸上の見方 »

2015年8月17日 (月)

メダカの稚魚

わが家では、ちょっとしたきっかけで7月からメダカを飼っています。

水槽の掃除が大変ですが、元気なメダカの姿に毎日癒されています。
 
そして、7月下旬ごろからお腹にタマゴを抱えているメダカを見るようになったので、注意深く観察して水草に付いたタマゴを別の水槽に分けていました。
 
こうしてタマゴと親メダカを分ける作業を数回繰り返していると、みるみるうちにメダカの稚魚が増えてきましたhappy01
 
生まれてきた稚魚には、稚魚用の餌をあげたりして大事に育てていますが、娘が数えたところ約50匹いるそうですeye
 
全部が順調に成長するかは分かりませんが、数か月後には、より大きな水槽が必要かもしれませんcoldsweats02

|

« PTA奉仕作業 | トップページ | 世界陸上の見方 »

コメント

そんなに簡単に増えるの
すごいね

投稿: 岡橋 | 2015年8月18日 (火) 12時37分

当初、稚魚は金魚鉢で泳いでいましたが、数が増えてしまったので、タライに引っ越しました。
タマゴの分別さえしっかりやれば、簡単に増やすことができますよ。
タマゴを分けないと親が餌と間違えて稚魚を食べてしまうそうです。

投稿: 小司隆信 | 2015年8月18日 (火) 12時57分

昔 親父が熱帯魚を飼っていたとき、卵を産んだんだけど、分けずにそのままにしておいたら、親が卵を全部食べてしまいました。

投稿: 岡橋 | 2015年8月18日 (火) 16時18分

メダカも卵を食べることがあります。
というより、目の前にある物は何でも口に入れる習性があるように思います。

投稿: 小司隆信 | 2015年8月18日 (火) 17時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166228/62099724

この記事へのトラックバック一覧です: メダカの稚魚:

« PTA奉仕作業 | トップページ | 世界陸上の見方 »