2016年11月10日 (木)

擬音

9日は、司法書士夜間無料相談会の相談を終えてから、スタジオに直行してバンド練習をしてきました。

この日は、The Allman Brothers Bandの「Whipping Post」という曲を演奏中に久しぶりに弦を切ってしまいました。
 
ギターソロの終盤、高音のチョーキングをしながらピックでかき鳴らしていたら「プチッ」と弦が切れました。
 
プチッ?
 
 
弦の切れる感覚って、表現しずらいですcoldsweats01
 
パキッ、ボン、ボヨ~ン、ピッ、プツ、チッ…
 
私の感覚では「プ」と「チ」の間
 
「…ッ」
 
やっぱり上手く表現できませんshock

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月28日 (木)

スペシャルゲスト

27日(水)の夜は、スタジオでのバンド練習に行ってきましたcar

楽器屋に到着すると店長から「今日の練習、もう一人ギターに入ってもらってもいい?」と尋ねられました。
もしかして「いよいよクビかshock」と思ったら、そうではなくてお店に遊びに来ていたプロのジャズギタリストが入ってくれるということでしたhappy01
 
いつもと違う緊張感で練習ができましたscissors
さすがジャズギタリストで、ほとんど打ち合わせ無しでいつもバンドで練習している曲を演奏しましたが、見事なオブリガードやソロを演奏してくれました。
おかげで私はいつもよりボーカルに専念することができましたkaraoke
 
ちなみに一緒に演奏してくれた人は、小野寛史さんという方で可児市出身の若いギタリスト。アメリカの名門「バークリー音楽院」を出ていて、現在は東京を中心に活動しているそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月15日 (木)

エフェクターを借りました

14日(水)は、バンドの練習でした。

この日は、メンバーの一人である楽器店の店長が自分のエフェクターボードを貸してくれるというので、使わせていただきました。
 
オーバードライブ、クランチブースター、ディレイ、ファズなどが絶妙なセッティングでボードの上に並んでいます。
これまで、ほとんどエフェクターを使ったことがない私は、オーバードライブとブースターの使い分けについて説明を受けて演奏してみました。
 
クリーントーンも歪んだ音も芯のある音で、音量が小さくてもはっきりと聞こえてきて、気持ちのいい音色でしたhappy02
その分、ミストーンもはっきりと聞こえてくるので、ごまかすのが難しかったcoldsweats01
音が暴れるファズは使いこなせませんでしたcrying
 
どのエフェクターの高校生ではなかなか手が届かないような値段ですが、やはり格安エフェクターとは全く音色が違いました。
 
オーバードライブは持っているので、ディレイが欲しくなってしまいましたdespair
ん?もしかしてエフェクターを買わせるために貸してくれたのかな?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年9月 1日 (火)

理論は苦手

31日(月)は、夜に時間ができたので、久しぶりにギターのレッスンに行きました。

師匠からの課題は、4つのコードに合わせた無窮動を一つ一つの音の意味を考えながら弾くというものsweat01
 
私が分かるのは、ルート、サード、フィフス・・・。
これにセブンス、フラットセブン、ナインス、フラットサーティーンなどが加わっていく・・・weep
さらに「サード始まりで、こうやって音を並べると代理コードになる」とか「ここはオルタード・・・・」などと話が進んでいって、さっぱり理解できなくなってしまいましたshock
 
で、最終的には「結局、要所を押さえれば、どんな音を使っても良い」という結論に達しましたcoldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月23日 (木)

3曲追加

22日の夜は、バンドのスタジオ練習でしたnote

現在、4曲を練習していますが、この日はメンバーが1曲ずつ選曲して課題曲を追加しました。
 
私(40代)が選曲したのは、アルバート・キングの「Born Under A Bad Sign」
ベース(50代)が選曲したのは、デレク&ザ・ドミノスの「Why Does Love Got to Be So Sad」
ドラマー(20代)が選曲したのは、レッド・ホット・チリ・ペッパーズの「Wet Sand」
 
次回までに各自で練習ということになりましたhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月18日 (木)

無駄に長いギター歴

ココログには、カテゴリーがあって、記事を書く際にカテゴリーを選択することができます。

そこで、カテゴリーに趣味の「ギター」を加えて、ギターに関する記事も増やしていこうと思います。
 
このカテゴリーでの最初の記事は、私のギター歴ですscissors
 
はっきりとした記憶は残っていませんが、私が小学校5年生の頃だったか、父が突然ギターを買ってきました。
ヤマハ製のギターでナイロン弦が張ってあるクラシックギターでした。ギターケースは見たことが無いので、父はギターをむき出しで電車に乗って帰ってきたのだろうかsweat01
 
家に誰もいないときに6弦開放をボロ~ンnoteと鳴らしたような記憶があります。
これが、私が初めてギターに接した瞬間でしょうか?
 
今から30年以上も前の話ですので、ギター歴は約30年と言えるかもしれません。
無駄に長いと言えるでしょうcoldsweats01

| | コメント (5) | トラックバック (0)